おすすめの節約方法はこちら

イチロー選手の引退会見での学び〜好きなことを誰より続けたこと〜

先日2019年3月21日東京ドームでのアスレチックス戦を最後に

イチロー選手が日米28年間の現役生活に別れを告げました。

会場は超満員でイチロー選手を見るために多くの人が訪れ

惜しみない拍手で送りだす光景が印象的でした。

試合後に開かれた引退会見の内容は

  • 熱中できることを見つける
  • 他人と比較しない
  • やりたいかどうかが判断基準
  • 体験が人を成長させる

イチロー選手のことをよく知らない人でも

参考になるであろう事が多く

好きなことを誰よりも続けたことが、イチロー選手を作り上げました。

今回はイチロー選手の引退会見から

好きなことを続ける方法

日々意識したい言葉

を抜粋してまとめます。

引退会見は「なぜイチローは超一流なのか」がよくわかる学びの場だった

この試合を生で観ることができて本当に幸せでした。

 

ー冒頭あいさつ

この遅い時間にお集まりいたいて、ありがとうございます。今日のゲームを最後に日本で9年、米国で19年目に突入したところだったんですけれども、現役生活に終止符を打ち、引退することとなりました。

最後にこのユニホームを着て、この日を迎えられたことを大変幸せに感じています。

引退会見は長かったのですが

なぜ28年間もプロフェッショナルとして活躍できたか

野球を続けてこられたか

わかる内容になっていますおり

見どころがたくさんありました。

ノーカット版を見たい方はこちら

熱中できることを見つける

 

―子どもたちにメッセージを

自分が熱中できるもの、夢中になれるものを見つけられれば

それに向かってエネルギーを注げるので

そういうものを早く見つけてほしいと思います。

いろいろなことにトライして、自分が向くか向かないかよりも

自分が好きなものを見つけてほしいと思います。

イチロー選手は小学生の頃から毎日バッティングセンターに通い

休むことなくバットを振り続けたのは有名な話です。

ですが、体調が悪い日。気分が乗らない日。

他にやりたいことがある日。

誰にでもやりたくない日はあると思います。

しかし、イチロー選手は毎日バットを振り続けました。

それは、野球が大好きで熱中できることだったからです。

夢中になれたから壁も挫折も乗り越えられる。

夢中になれることを見つけられるのは幸せなことです。

自分の心にブレーキをかけずに何歳になっても

夢中になれることを見つけたいですね。

他人と比較しない

 

ー今日の決断に後悔や思いのこしはないか?

今日の球場での出来事、あんなものを見せられたら

後悔などあろうはずがありません。

人よりも頑張ったとはとても言えないですけれども。

自分なりに頑張ってきたということは、はっきりと言えるので

これを重ねてきて、重ねることでしか、後悔を生まないということはできないんではないかと思う。

人より頑張ったとはとても言えないですけれども

おそらく日本中が

「いや、頑張ってるから」とツッコミを入れたシーン

そう話すイチロー選手の日常はストイックの一言で

試合前は誰よりも早く球場入りして入念な準備を行います。

年齢を重ねるにつれ体のケアを万全にして

試合に臨んでいました。

自分なりに頑張れば後悔しない。

後悔しないためにも自分ができることを

積み上げていけば

夢に一歩近づけるんじゃないでしょうか。

――イチロー選手の生き様で、ファンの方に伝えられたこと、伝わっていたらうれしいことはありますか?

人よりも頑張ることはとてもできないんですよね。

あくまでも量(はか)りは自分の中にある。

自分なりに量りを使いながら、自分の限界を見ながら、ちょっと超えていくということを繰り返していく。

少しずつの積み重ねが、それでしか自分を超えていけないと思うんですよね。

一気に高みに行こうとすると、今の自分の状態とギャップがありすぎて、続けられないと僕は考えているので、地道に進むしかない。

あくまでも量りは自分の中にある

自分の中の量り。

よく物差しにも例えられますけど、それはあくまで自分を量るものであって他人を量るものではない

自分と日々向き合い、昨日の自分より少しでも前に進めるよう

頑張った結果が、イチロー選手を作っていったんですね。

日常生活や仕事でも、つい他人と比べてしまいがちです。

他人ではなく自分のと対話することでやるべき事がシンプルになっていき

毎日少しずつの前進が成長を感じられます。

少しずつの前進がモチベーションの持続にもつながりますね。

自分がやりたいかどうか

 

ーー子供の頃からの夢を叶えて何を得たとおもいますか?

どの世界でも新しい世界に挑戦することは大変な勇気だと思うんですけど。

やりたいならやってみればいい。

できると思うから挑戦するのではなく、やりたいと思えば挑戦すればいい。

そのときにどんな結果が出ようとも後悔はないと思うんですよね。

基本的にはやりたいと思ったことに向かっていきたいですよね。

新しい挑戦は不安だし勇気もいる。

とはいえ、自分のやってみたいと思うことに挑戦しないと後悔する。

やらないと後悔するって頭の中ではわかっていても

なかなか動けないですよね。

イチロー選手は小学生の頃、毎日練習をして

あいつプロ野球選手にでもなるつもりか

と近所の人に笑われても自分のやりたいことは野球だからと

笑われても練習をやめませんでした。

あくまでもプロ野球選手になれるかなれないかではなく

野球がやりたいことだから続けられた

体験が人を成長させる

米国に来て、メジャーリーグに来て、外国人になったこと。

外国人になったことで、人の心をおもんばかったり、人の痛みを想像したり、今までになかった自分が現れたんですよね。

この体験っていうのは、本を読んだり、情報を取ったりすることはできたとしても、体験しないと自分の中からは生まれないので。

そのことはすごく人として重要なことではないかと感じています。

最近は情報にあふれているので誰でも情報にアクセスできます。

でもそこから一歩踏み出して行動することでしか体験はできないし

自分の経験には繋がらないんですね。

本を読むだけ、情報を取るだけではもったいないです。

もう一歩進んで体験しなければ、自分の経験にはならないので自戒も込めて

まずは行動してみましょう。

まとめ

イチロー選手の会見を聞いていて

自分の好きなものへの愛情

物差しは自分を量るためにある

誰でもできることを誰もできない量やることの大切さ

を学ぶことができました。

働き方改革で日本の働き方の転換期にきています

今まで以上に自分の好きなこと

やりたい事を仕事にできる社会が待っています。

熱中できる事を見つけるのが

子ども達はもちろん

大人にも必要なことになっていきます。

イチロー選手の人間性や

好きをなことを続けるヒントがたくさん詰まった

忘れられない引退会見でした。

 

最後に28年もの間

夢を見せて頂きありがとうございました。

1996年グリーンスタジアムのフェンス越しにした会話を

今でも昨日の事のように覚えています。

野球を始めるきっかけをもらい

続けたことにより仲間ができ

その仲間が今でも人生の支えになっています。

会見の中でイチロー選手は

僕からのギフトなんてない

と言っていましたが

もらってばかりの人生です。

こんなにも素晴らしい野球選手がいたんだと

いつかフェンス越しの会話を

子供たちに自慢したいと思います。

本当に長い間お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です