おすすめの節約方法はこちら

アルファードの年間維持費を計算!

こんにちわ、ふみです。

アルファードを買うときに最初に気になったのが

  • 高くで売れるか
  • 維持費はどれくらいかかるのか

この2点でした。

結論から言うと、高く売ることができて、ほとんど維持費はかかりませんでした

とはいえ、1年以上乗る方がほとんどだと思うので、長く乗った場合の維持費のシミュレーションをしていきます。

実際にかかった維持費を元に計算していきます。

アルファードの維持費は年間どれくらいかかるのか

維持費は長いスパンで見るとかなりの負担になりますので、細かく計算しておきます。

維持費は毎月、毎年、車検時に分けて計算します。

ガソリン代は排気量毎に出していきます。

毎月かかる費用

まず毎月必ずかかる費用で

  • ガソリン代
  • 駐車場代
  • ローン金利

ガソリン代の目安

まずガソリン代ですが、エンジンが2.5L 3.5L  ハイブリッドにわかれます。

排気量 カタログ値 実燃費 ガソリン代/月
2.5L 11.4~12.8km/L 8.25km/L 14,531円
3.5L 10.4~10.8km/L 7.0km/L 17,886円
ハイブリッド 18.4~19.4km/L 11.0km/L 10,567円

数字は年間走行距離を1万㎞として算出しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

アルファード30系の燃費はどれくらい?1年間乗った実燃費を公開!

駐車場代

駐車場代は地方によってバラツキがあるので

全国平均が約8,000円なのでこれで計算します。

駐車場代8,000円/月

月ごとにかかる費用は

ガソリン代と駐車場代あわせて

約18,000〜25,000円となります。

毎年かかる費用

つぎは毎年かかる費用で

  • 自動車税
  • 任意保険代
  • 消耗品料
  • 定期点検費用

こちらがかかります。

自動車税

自動車税は毎年5月に排気量に応じて通知が来ます。

アルファードの場合は

排気量 自動車税
2.5L 45,000円
3.5L 58,000円
ハイブリッド 11,500円

が毎年かかります。

ハイブリッドが安いのは75%減税のためです。

任意保険代

任意保険代は等級によって変わりますが

12等級 30歳以上限定  ゴールド免許  年間走行距離 11,000kmの場合

車両保険あり    79,000円/年

車両保険なし    24,000円/年

となります。

参考

人気乗用車の保険料例ソニー損保

消耗品代と定期点検費用

消耗品代は新車から最初の車検まではあまりかかりません。

おおよそ年間で6,000円〜10,000円程で済む場合が多いです。

計算しやすいため10,000円/年とします。

定期点検も12ヶ月点検で10,000円くらいなので

こちらも10,000円/年とします。

参考にカーセンサーが出しているデータがこちらです。

消耗品費の目安

転載元:http://shaken.carsensor.net/shakenguide/shaken_kokan.html

毎年かかる費用を足してみると

自動車税+任意保険代+消耗品と定期点検

2.5L                      89,000円/年

3.5L                    102,000円/年

ハイブリッド       55,000円/年

が年間でかかってきます。

車両保険を付ける場合はこちらに55,000円プラスされます。

車検時にかかる費用

車検は新車だと3年

それ以降は2年に1回かかります。

車検時には

  • 重量税
  • 自賠責保険料
  • 車検基本料
  • 検査手数料

こちらがかかってきます。

重量税

重量税は車両重量によって変わりますが、エコカー減税を受けている場合は重量税も減税されます。

アルファードは2~2.5tなので計算すると

重量税は20,500円/年となります。

初めての車検の時は61,500円

2回目以降は41,000円重量税が徴収されます。

なお6回目の車検以降(14年目以降)は重量税が22,800円/年に上がります。

ハイブリッドの場合はエコカー減税対象車のため初回の重量税は免除されます。

自賠責保険料

自賠責保険は任意保険と違い強制加入になっています。

新車購入時は13,040円/年なので

新車購入時  39,120円

車検時は少し上がって  27,840円を支払います。

自賠責保険料は年々上がっているので

今後も車検毎に支払う金額は上がっていくと言われています。

車検基本料

車検基本料は法定点検整備費用、車検代行手数料などが含まれます。

また、ディーラー、自動車整備工場、ユーザー車検で金額がかなり変わってきます。

ユーザー車検の場合は、自分で陸運局に持って行って車検を受けますので車検基本料はいりません。

車検基本料は平均で約40,000円程度なので40,000円で計算します。

検査手数料

検査手数料は陸運局で車検を受けるときに必要な印紙代です。

1,800円/回が必要です。

消耗品費

車検のタイミングでさらに部品代がかかります。

定期点検とは別で2〜30,000円はかかる場合が多いので結構高くつきます。

多めに見積もって30,000円で計算します。

 

トータルすると

重量税+自賠責保険領+車検基本料+検査手数料+消耗品費

41,000円+27,840円+40,000円+1,800円+30,000円=140,640円

以上が車検時にかかる費用となります。

年間維持費はこれだけかかる

では計算が終わったので順番に見ていきます。

2.5Lの年間維持費

               2.5L 維持             費用
ガソリン代 174,500円
駐車場代 96,000円
自動車税 45,000円
任意保険料 24,000円
消耗品料 10,000円
定期点検費用 10,000円
重量税 20,500円
自賠責保険料 13,040~13,920円
車検基本料 13,333円
検査手数料 600円
消耗品費(車検時) 20,000~30,000

トータルすると

427,000円〜437,800円

となりまして1ヶ月あたりは

約35,500円/月~約36,500円/月となります。

3.5Lの年間維持費

               3.5L 維持             費用
ガソリン代 214,632円
駐車場代 96,000円
自動車税 58,000円
任意保険料 24,000円
消耗品料 10,000円
定期点検費用 10,000円
重量税 20,500円
自賠責保険料 13,040~13,920円
車検基本料 13,333円
検査手数料 600円
消耗品費(車検時) 20,000~30,000

トータルすると

約480,000円〜約491,000円

となりまして1ヶ月あたりは

約40,000円/月〜41,000円/月となります。

ハイブリッドの年間維持費

               ハイブリッド             費用
ガソリン代 126,804円
駐車場代 96,000円
自動車税 45,000円
任意保険料 24,000円
消耗品料 10,000円
定期点検費用 10,000円
重量税 12,500円
自賠責保険料 13,040~13,920円
車検基本料 13,333円
検査手数料 600円
消耗品費(車検時) 20,000~30,000

トータルすると

約358,000円〜約369,000円

となりまして1ヶ月あたりは

約29,800円/月〜約30,800円/月となります。

年間維持費を比較して

年間維持費はハイブリッドが有利

ガソリン代や減税で年鑑維持費はハイブリッドが1番安くなりました。

ただ、故障するとハイブリッドシステムは20〜30万円かかりますので、長く乗ると修理費用がかさみます。

短いスパンで乗り換えると結果的にはコスパ良く乗れる可能性があるので

しっかりと計算が必要です。

維持費番外編

今回は計算しませんでしたが、ローンの金利も大きな金額になってきます。

ローン金利

ほとんどの人がローンで購入すると思います。

借入金500万円の5年払いで計算すると

金利 費用
ディラー 2~4% 87,638~92,082円/月
銀行カーローン 1.3~5% 86,116~94,356円/月

ローン審査で金利が決まるので、金利が高いとけっこう差が出ます。

金利だけで安くても4,000円~は必要です。

銀行のカーローンは優遇金利の審査が通ればもう少し安いものもありました。

ディーラーの残価設定は支払い金額はもう少し安くなるんですが、便宜上銀行に合わせて計算しています。

売却したときに戻ってくるんですが、車両本体に年間100万円以上支払うことになるので

買うとなるとかなり家計を圧迫しますので、我が家も工夫しました。

年収400万円台の私がアルファードを買うためにやった節約

まとめ

ここまでをもう一度整理します

排気量 月間維持費 年間維持費 ローン込みの総支払額
2.5L(2.5SC) 36,500円/月 437,800円 1,570,072円
3.5L(3.5GF) 41,000円/月 491,000円 1,728,584円
ハイブリッド(X) 30,800円/月 369,000円 1,501,607円

各排気量でいちばんリセールの高いグレードで算出。

2.5L、ハイブリッドは借入500万円

3.5Lは560万円、先ほどの銀行金利5%で計算。

3.5Lとハイブリッドでは226,977円/年の維持費で差が出ました。

結論

リセールを考慮しなければハイブリッドが一番賢い選択肢になります。

ただ、ハイブリッドはリセールかなり悪いので、全くおススメしません

リセールも考慮するなら

2.5Lが一般人が手を出せる一番安定感のあるグレードです。

ただ、お金持ちは3.5Lでも全く問題ありません。

現在の経済状況で2.5Lか3.5Lを使い分けてみてください。

アルファードはリビングがそのまま移動しているのかというくらい2列目と助手席は快適です。

興味を持っている方の参考になれればうれしいです。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

アルファード・ヴェルファイアの買取ならこちらがおすすめです



高価買取で有名な業者です。まだ買取をディーラーや買取店に出している方は20万以上変わりますよ!

公式ホームページに高価買取の秘密が書いていますのでまずは見てください!

買取価格にびっくりしますよ!

 

【ENG】アルファード、ヴェルファイア専門高価買取

おすすめ中古車買取サイト


最近注目のサイトです!一括査定と違い複数社から連絡が来ないので女性でも安心!。

一括査定と違い中間コストがかかっていないため、高価買取が可能!

まずはすぐできる無料査定で節約の第一歩を踏み出してください!

ユーカーパック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です