おすすめの節約方法はこちら

「GA technorogies(Renosy)」で面談してわかった3つのメリット

こんにちわ、ふみです。

AIを駆使した不動産投資「GAtechnologies(Renosy)」の評判まとめ

不動産投資「GA technorogies(Renosy)」を徹底的に調べてみた

過去記事に書いたんですけど、GA technorogies(Renosy)での不動産投資に興味を持ったので、面談に行ってきました。

事前の調査とは違い、実際に面談してみると「口コミとは違うな」と思う部分も多かったです。

結論ですが、GAで不動産投資をするメリットは

  • AI活用で不動産投資のリスクを下げている
  • 管理システムが先進的で忙しい人でも不動産投資できる
  • 初心者でも安心な勉強会で投資の知識が身につく

異常が実際に面談をして感じたメリットです。

それでは面談の流れから順番に見ていきます。

GA technorogies(Renosy)の面談の予約

面談には資料請求が必要なので、資料請求しました。1分ほどで入力が終わり、ガイドブックとDVDの到着を待ちます。

不動産投資の仕組みなどがわかりやすく説明されるんですけど、実際に購入したオーナーさんの話とかも興味深かったです。

電話で聞かれること

資料請求すると電話がかかってきまして、聞かれるのはこんな感じです。

  • 個人情報の確認
  • 現在の年収
  • 勤続年数
  • 持ち家の有無と借金はあるか

を聞かれたぐらいで、電話でのしつこい勧誘もされることなく、今までの不動産会社と全く違う印象です。

それとよくある不動産投資を用いた節税の話は知っているから不要と伝えました。(簡単に言うと、不動産投資をすれば税金の控除の幅が広がり、本業のサラリーマンとして払う税金を少なくすることができます。あと所得が下がるので保育料も下がります。)

AIや管理システムなど当日楽しみにしていてくださいとのことなので、相当な自信がありそうな感じがして興味はわく一方でした。


面談内容

面談当日まずビビったんはきれいなオフィスビル…写真がめっちゃ汚い…

もうなんか儲かっているIT企業みたいな感じで、担当の方もめっちゃ爽やかで口コミと違う…

まずは会社の説明

まずは会社の説明と他社との違いを説明してくれました。

要約すると

  • AIを活用した物件選びでローリスク
  • 管理代行手数料が低くサービスが充実
  • アプリで自分の物件がわかりやすい
  • エンジニアの数が多い不動産よりもIT企業みたいな会社
  • 分散投資の重要性

この辺をていねいに説明してくれました。

不動産を扱っているものの、現在の資産状況等をヒアリングし、不動産投資以外にも資産形成の進め方などアドバイスをしてくれました。

営業担当の印象

口コミと全然違ってすごく対応がいい。知識も豊富。こちらが素人なのでわかりやすい言葉で説明してくれる。

もうすごく丁寧でしたよ。口コミどやねんってくらいにいい対応でした。

GA technorogies(Renosy)おすすめ物件の提示

いよいよ物件の提示です。

私の場合は京都と博多の2件

住宅ローンがあるので1,200万円が限度ということでした。

AIが最初にフィルタリングするので、物件内容はほとんど同じような利回りになるようです。

内容はこんな感じ

京都の物件 1,250万円+諸費用

まずは京都

繁華街から徒歩で約10分程度の好立地の物件

表面利回り約6%  実質利回り約4%

そもそも高いし、住宅ローン組める限界で持ち出し金が100万円近く必要なので却下。

ただ、立地はいいので民泊用として使いたいと思う物件でした。

博多の物件 760万円+諸費用

次に博多

最初雑談をしている中で好きな土地として話していた博多。

あまり博多の物件は出てこないということなので運命を感じます。

こちらも博多のビジネス街から徒歩で約10分程度の好立地

表面利回り6.3%  実質利回り 4.0%

この利回りを元に色々と質問します。

面談で浮かんだ疑問を質問

私の疑問はこちら

  1. 過去記事の否定的な意見3つ
  2. なぜそこまで稼働率が高いのか
  3. なぜ中古だけを扱うのか
  4. リーマンショックのような局面で大丈夫か
  5. 人口減の局面で空室は出ないのか
  6. 購入後のアフターフォローはあるか
  7. 変動金利での融資しかないのか
  8. 実質利回り低くないか

順番に見ていきます。

過去記事の否定的な意見3つ

割高な物件

前回記事の評判であった「割高な物件を購入する」という部分については、その場では確認しなかったが、帰宅後に確認すると同じ物件の過去の取引データを見ると割高でした。

ただ、許容範囲内やとは思いました。

賃貸管理サービスを格安で受ける以上そこは仕方ないのかなと。

それに売主なので仲介手数料もかからないし、客付の手数料も取られないし、トータルで見ると安くはないが高くもないかなと。

営業マンの対応がバラバラ

さっきも言ったように、営業マンの方の対応めちゃくちゃ丁寧でしたよ。

チャラい感まるでないし、オフィス内にいた別の方も全然ふっつうの人でした。

不動産の会社の人派手なスーツ着てるイメージですが、全員私服でしたね。

これけっこう印象良かったし、イメージ的に金持ってそうなニオイぷんぷんさしてる不動産業者より好感が持てます。

もっとHPで「ウチの営業はカジュアルライクでお客さんと同じ目線で接客します」とか言うてしまえばいいのにと思いました。

営業マンの知識が乏しい

めっちゃくちゃ知識ありましたよ。

営業マンの方がたまたまスペック高かっただけかもしれませんが、全然口コミとは違いました

聞いた質問に対しても的確に返ってくるし、営業マンの方自身が元々GAのお客さんだということもあり、こちらの気持ちをよく理解しているのかもしれません。

リスクについてもそんなとこまで説明したらリスクだらけやで?ってくらい丁寧に説明してくれました。

大阪の◯◯さんありがとうございます。

なぜそこまで稼働率が高い

Q.なんでそこまで空室期間が短くて稼働率が高いんですか?

A.まず立地がアクセスの良い都心の物件を厳選しているのでシンプルにみんな住みたいんですよ。

それと入居者の方に2カ月前には解約の意思を伝えてもらうようにしているので余裕を持って次の方を募集できます。専属のカメラマンが物件の写真を撮影しますので物件も魅力的に見えますし、早く人が見つかりますね。

あとは原状回復を7営業日で終わらせるので高い稼働率を維持できるんです。

なぜ中古だけを扱うのか

Q.なぜ中古の物件に特化しているんですか?

A.それが1番資産価値が減りにくいからです。新築は最初こそ値上がりしますがそのあとは落ちていく一方です。それが落ち着くのが大体築10年ぐらいなんです。

そこからは緩やかに資産価値が目減りしていきますが、新築と比べると半分程度しか下がりませんよ。

リーマンショックのような局面でも大丈夫か

Q.リーマンショックみたいな局面だと不動産持ってたらやばいですよね?(語彙力)

A.実は大丈夫です。

日経平均やREITなどの指数系のもの。オフィスの賃料は下がりましたが、実はマンションの賃料は変わっていないんです。

人自体が住む場所なくなったらどうしようもないので家賃は下がらない傾向ですね。

人口減の局面で稼働率は大丈夫か

Q.人口減の局面だが、稼働率は大丈夫ですか?

A.はっきり言って地方はやばいと思います。けど、都心は会社が存在する限り人がいなくならないので大丈夫です。

東京って今はファミリー向けのマンションしか建てることができないんですよ。

理由としては大きな税収がほしいからファミリーに住んでもらいたいんですね。

けど実情は核家族化が進み、単身世帯と夫婦だけの世帯が増えている。

要はファミリー向けの物件は供給過多で余る可能性がありますけど、ワンルームタイプは需要が増すと考えられているんですね。

購入後のアフターフォローはあるか

Q.購入後のアフターフォローはありますか?

A.もちろんあります。2カ月に1回お客様をお迎えして意見交換をするパーティーをオフィス内で行っております。

それだけではなく、不動産を始めて購入するお客様もおられますので不定期で勉強会も行っています。

最近では確定申告や税金に関する勉強会を開催しました。

Q.ありがとうございます。それは無料で参加できるんですか?

A.無料でご参加できますよ。2時間程度参加者の方や社員と気兼ねなくお話しいただけます。

変動金利での融資しかないか

1番引っかかったのがここ

Q.変動金利での融資しかできないんですか?

A.金融機関にも確認したんですが、固定金利での融資は投資商品に関してはほぼありません。

それに金利がかなり高くなってしまいますので、キャッシュフローが悪くなります。

金利を下げる方法としては、銀行の決算月を狙って優遇金利を引き出すのが1番現実的だと思います。

実質利回りが低くないか?

Q.実質利回りが低くないですか?

A.実質利回りはこれぐらいです。だいたい15年以内に完全に黒字化できるような物件がほとんどです。

Q.手残りが少なく感じますが?

A.長期で見ればすべて黒字化できます。

疑問まとめ

疑問としてはかなりスッキリ。

他にも色々と聞きましたが、書ききれない雑談もけっこうあります。

評判のような営業マンの悪い印象は全くありませんでした。

担当してくれた人のスペックによると思うので、そこは運かなと思います。

自分の中で引っかかったのは変動金利と手残りの少なさ

長い目で見ればプラスになるのはわかっているんですけど、先々の情勢は誰にもわからないし、若いうちからキャッシュを増やして資産を残したい派なのでそこは引っかかりました。

GA technorogies(Renosy)で面談したわかったメリット

ここまでまとめてきましたけど、GA technorogies(Renosy)で面談してわかった3つのメリットは

  • コスパの良い中古物件をAIで厳選して仕入れるのでローリスク
  • 管理にかかるランニングコストが安くユーザビリティが高い
  • 忙しいサラリーマンでも不動産投資ができる

以上の3つがメリットだと思いました。

初心者×忙しいでもOK

GAは初心者でも管理が楽で忙しいビジネスマンでも投資家になれるチャンスがあります

実際に担当の営業マンの方は、会社員時代に物件を購入して現在3室持っています。管理がほぼいらないので、忙しくても全然大丈夫みたいです。

それにアプリが見やすいので初心者でも勉強になっていいですね。

ランニングコストも他社と比べて安いのに、客付けや原状回復まで迅速に行ってくれるのはかなりのメリットです。

その費用も管理代行手数料の1,080円/月に含まれているのはビビりました。

損したくない人

AIを活用し、物件選定の段階で非常に損をしにくい仕組みづくりをしているので、不動産投資に今まで興味はあったけど尻込みしていた人には特にオススメです。

長期投資を前提に考える方は良い選択肢の一つになると思います。

ただ、区分マンション投資は数が非常に多く、収益性の高い物件を紹介してくれるとはいえ、最後は自己判断で物件を選ばないといけないのでしっかりと勉強が必要です。

資料請求でもらえる無料のガイドブックとDVDだけでは知識量では足りないので、どんどん知識をつけていい物件をつかめるように努力は必要だと思います。

ただ、他にも同業者はありますが、ここまでテクノロジーに特化している企業は無いので、突き抜ける可能性がある会社だと感じました。

それらを踏まえたうえで、向いているのは年収500万円以上のサラリーマン、公務員かなと思います。

サラリーマンがマンション経営で年収UP!【DVDプレゼント中】

まとめ

今回GAに行って実際に話を聞き、将来性をすごく感じました。

不動産投資は難しいと思っていましたが、面談をしてみて

  1. AI活用でローリスク
  2. 管理費が格安
  3. 管理が楽

だとわかりました。

すでに物件を管理している方でも管理代行手数料が安いのは魅力だと思います。

普通は客付けや原状回復など自分で色々発注してやることを考えるとかなり楽だと思います。

不動産投資は管理の面で実業の部分がけっこうありますけど、管理が楽なので少し不労所得に近づく印象です。

あと、ネットの情報なんてやっぱりあてにならないですよ。

少しでも興味が出た方は資料請求するなり、面談して実際に話を聞くほうがいいです。

百聞は一見にしかずなので、あなたが不動産投資で失敗しないための情報になれたら幸いです。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です