おすすめの節約方法はこちら

不動産投資「GA technorogies(Renosy)」を徹底的に調査

こんにちわ、ふみです。

前回AIを駆使した不動産投資「GAtechnologies(Renosy)」の評判まとめでお話ししたようにGA technorogies(Renosy)での不動産投資に興味を持ったので、色々と調べてみました。

実際に深堀して徹底的に調べてみると「すごい未来の会社」「不動産投資自分でもできそう」と感じましたので、調べた結果を書いていきます。

結論としては、不動産投資に興味はあったけど今まで忙しさを理由にやらなかった

  • 大手企業のサラリーマン
  • 公務員
  • 不動産投資初心者

こんな人は魅力に感じると思います。

不動産投資「GA technorogies(Renosy)」を徹底的に調査する

引用元:GA technologies HP

まず会社の概要

簡単に言うと

設立からスピード上場

AIを活用した物件選定のシステム化

管理費が1,080円/月

都心の中古マンションのみに特化

長期で安定的な投資を行い立地も分散させてリスクを分散させる

が強みです。

設立からスピード上場

2013年に設立され2018年に東証マザーズへの上場を果たします。

会社設立から5年で上場した会社は、ここ最近ではみなさんもよく知るあの会社しかありません。

メルカリです。

メルカリも同じ2013年創業で2018年に上場を果たしていますので、同じスピード感で上場しています。

もちろん業績が悪ければ上場できないわけで

このように順調に右肩上がりで

売上高前年増減率+111%の201億円

営業利益前年増減率+90%の6.8億円を達成しています。

かなり好調のようです。

アナログな業界をテクノロジーで変える

不動産業界はいまだにシステムがアナログで、5,000件/月の物件を仕入担当が1つずつチェックして仕入れをするかしないか判断をしている。

そこを変えるためにエンジニアを大量採用し、徹底したAI化を進めている。

ゆくゆくは業界全体のAI化を進め、不動産業界全体を変えていきたい。

会社としては不動産業界の「amazon」を目指しておられます。

管理費が安い

本来なら管理会社へ支払う管理手数料が3〜5%が相場のところ、一律1,080円/月で賃貸管理を代行してくれます。

9万円/月の物件なら4,500円/月の管理手数料がかかるので相場よりも安いです。

1,080円/月はおそらく業界最安値で、それだけで月に数千円も収益が変わってくるとのことです。

都心の中古マンションに特化

収益の安定性を求めると都心の中古マンションの収益性が1番安定しています。GA technologiesはそこに特化しています。

理由は人口の減少で地方には人がいなくなるが、都心は会社がなくならない限り需要は見込めるからみたいです。

我が滋賀県も京都や大阪のベッドタウン化が進み、どんどん地価が上がっていますし需要もあるんですよね。

立地だけは変えられないので、投資家としては立地は徹底的にこだわって欲しいので、会社を選ぶ上での大事なポイントではないでしょうか。

 

GA technorogies(Renosy)が不動産投資家から選ばれている理由

GA technologiesの強みは説明に

大きく分けて

  • AIの活用
  • 売主として販売
  • 自社でリノベーション
  • 業界トップ水準の賃貸管理サービス
  • アプリを活用した不動産管理

こちらがこの会社の強みです。

AIの活用

 

自社開発のAIを活用した仕入システムが

  • 収益性、資産性をAIで客観的に評価
  • 過去の取引事例から仕入れ物件をフィルタリング

これにより全体の1%の収益性の高い物件のみをフィルタリングして、厳選された物件を最後に人間の目で見て仕入れるか判断するそうです。

人間が判断しないので客観的かつ効率化した物件選定をしていますね。

効率化は人件費にダイレクトに響くので投資家にも恩恵がありそうです。

売主として販売

ほとんどの物件を自社で買い上げ販売しているので、販売手数料が無料です。

1番ボリュームゾーンの2,000万円の物件の場合だと

仲介業者を介した場合

物件価格×3%+6万円=66万円が仲介手数料です。

これが無料なので初期費用は抑えられますし、評判で多かった

購入した物件を購入することになり相場より割高です。

価格差は少しは縮まります。

あと仲介業者に依頼した場合の瑕疵担保責任は3ヶ月が多いですが、GAが売主の場合2年間も補償してくれます。

売買の対象物に隠れた瑕疵(=外部から容易に発見できない欠陥)がある場合、売主が買主に対してその責任を負うことを「瑕疵担保責任」といいます。
隠れた瑕疵があった場合、買主は、売主に対して契約解除や損害賠償の請求を主張することができます。
なお、契約解除や損害賠償の請求ができるのは、買主が契約の際に瑕疵の存在を知らなかった場合で、かつ、知らなかったことについて買主に落ち度がない場合となります。一般的に、構造部分の欠陥や建物の雨漏りなどが隠れた瑕疵に該当します。また、民法上、瑕疵担保責任を追及できる期間は、特に定められていませんが、買主が瑕疵の事実を知った時から1年以内に行なわなければならないと規定されています。
宅建業法では、原則として、この民法上の規定より買主に不利となる特約は無効となりますが、宅地建物取引業者が自ら売主となる場合には、買主が瑕疵担保責任を追及できる期間を「引渡しの日から2年間」とすることが例外として認められています。

引用元:住友不動産販売

要は引き渡しから2年以内に住宅の欠陥が見つかった場合は補償しますよってことです。

自社でリノベーション

 

自社でリノベーション事業部があり、築年数が経過していった場合もローコスト・ハイクオリティのリノベーションを提供してくれます。

これは代表取締役の樋口氏が新築の建築から事業を始めた背景があり、住宅資材を格安で仕入れることができるのでリノベーションを格安で提供できるそうです。

格安でリノベーションをできることで築年数が経過してからも安定した家賃収入の確保と売却時の資産価値を保持することができるのも魅力だと語っておられました。

具体的なリノベーション事例はこちらです。

参考

施工事例集Renosy

業界トップ水準の賃貸管理サービス

入居率98.7%を誇り、手厚い保証とサポートで安心してマンション経営を行うことができますよと。

集金代行手数料には家賃に関わらず一律1,080円/月です。

これは相場の3〜5%を圧倒しており家賃9万円の物件の場合35年ローンが終わる頃には約150万円の差になっていますよと。

また、この集金代行手数料の中には

  1. 入居者募集
  2. 入居者審査
  3. 賃貸借契約
  4. 家賃集金
  5. 解約生産
  6. 設備保証

これもセットで付いてきます。

入居者の募集も本来なら仲介業者に仲介手数料を支払わなければいけないのにそれも無料。

面倒な入居者の審査に賃貸借契約も丸投げ。

家賃の集金と送金も代行してくれる上に振込手数料も無料。

トラブルになりがちな敷金清算もお任せ

さらに室内設備が1年以内に故障した場合は全額負担してくれます。

サービスしすぎちゃいます?笑

面倒な賃貸管理はお任せして、本業をしながら安心して不動産投資できる環境を提供するのが目的だそうです。

んーサービスが手厚い…

アプリを活用した不動産管理

物件を購入後は自社開発アプリの「Renosy Insight」にて資産管理ができます。

  • 購入した物件情報が見れる
  • 将来の返済方法をシミュレーションできる
  • 買い増しの物件を見れる
  • 契約書が管理されておりいつでも閲覧できる
  • チャットサポートでいつでも質問できる

所有している物件情報が視覚化できることにより、楽しく不動産投資ができますね。

2つの安心保証

ここまでメリットがあるにもかかわらず、延滞保証と空室保証が付いてきます。

延滞保証は入居者が滞納をした場合、GAが立て替えて家賃を支払ってくれるシステム。

空室保証は物件購入後1年以内に空室が出た場合、次の入居者が付くまで管理手数料を引いた金額をGAが支払ってくれます。

マンション経営が初めての人は収入の不安があると思いますが、その辺もサポートしてくれるんですね。

調査結果

ここまでまとめてきましたけどGAは

  • コスパの良い中古物件をAIで厳選して仕入れる
  • ランニングコストが安くユーザビリティの高い
  • サラリーマンでも不動産投資ができる
  • 初期費用が割高な分利回りは低め

こういう印象を持ちました。

やっぱりAIがすごいと思う

先進的で手軽に不動産投資ができそうやと思わせるシステムがすごく良さそう。

AIに物件選定を任せて収益が良い物件を選べるのは損をしにくくなるし、それだけでリスクを抑えられるので素晴らしいシステムで入居率も高水準を維持。

ただ、空室率は数字でなんとでも操作はできそうやから直接聞いてみます。

とはいえ、サービスはかなり先進的なので面白いと思うし、サラリーマンをしながら不動産投資はよっぽど情熱がないとめんどくさいと思う。

それを地方在住であろうが物件さえ購入すればほったらかしにできるので、投資家の間口をグーンと広げてくれると思った。

初心者×忙しいでもOK

GAは初心者でも管理が楽で忙しいビジネスマンでも投資家になれるチャンスがあります

それにアプリが見やすいので初心者でも勉強になっていいですね。

住宅ローンを組む高額な案件なので、向いているのは大手企業のサラリーマン、公務員かなと思います。

最近は住宅ローンの審査が厳しくなっているものの、中古マンションの区分所有ならローンは組むことができます。

損したくない人

AIを活用し、物件選定の段階で非常に損をしにくい仕組みづくりをしているので、不動産投資に今まで興味はあったけど尻込みしていた人には特にオススメです。

長期投資を前提に考える方は良い選択肢の一つになると思います。

ただ、区分マンション投資は数が非常に多く、収益性の高い物件を紹介してくれるとはいえ、最後は自己判断で物件を選ばないといけないのでしっかりと勉強が必要です。

資料請求でもらえる無料のガイドブックとDVDだけでは知識量では足りないので、どんどん知識をつけていい物件をつかめるように努力は必要です。

ただ、他にも同業者はありますが、ここまでテクノロジーに特化している企業は無いので、突き抜ける可能性がある会社だと思います。

サラリーマンがマンション経営で年収UP!【DVDプレゼント中】

まとめ

実際に行ってみよう

今回GAについて調べた結果、おもしろそうなので実際に話を聞きに行ってきます。

やっぱりAIを活用しての物件選定や管理システムは損しにくい仕組みだと思うんです。

話聞くのはタダやし、話を聞いたら知りたい方もいると思うのでシェアします。

少しでも興味が出た方は資料請求するなり、面談して実際に話を聞くほうがいいですよ。

ネットの情報なんてあてにならないことも多いしね。

百聞は一見にしかずなので、あなたが不動産投資で失敗しないための情報になれたら幸いです。

※面談してきました。感じたことをまとめています。

「GA technorogies(Renosy)」で面談してわかった3つのメリット

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です