おすすめの節約方法はこちら

ガン保険がほぼいらない理由。掛け金を資産運用がオススメです。

デメリットとこんにちわ、ふみです!

あなたはガン保険に入っていますか?

ガンは国民の2人に1人かかるし、長期にわたり日本の死亡原因のTOP3に君臨しています。

自分もガンになったら怖いと思って、入りましたが勉強していると色々とおかしい点が見つかりました。

実はガンになるのってほとんどが高齢の方なんですね。

データをみていけば、ほとんどの人はガン保険に入るお金で資産運用した方が将来に備えられる上に裕福になります。

ガン保険のCMとかバンバン流れているし、私の中でガンはかなりの確率でかかるものやと思い込んでいました。

ではなぜガン保険がいらないか数字で見ていきたいと思います。

まだガン保険に入っていない人は、損をしないよう加入するかよく考えてください。

この記事を見てわかること

・2人に1人はガンになるけど寿命が近づいてから

・ガン保険の特徴

・メリットよりデメリットが多い

ガンになるのはほぼ高齢者

まずは私がいちばん知らなかった&がん保険て必要かな?

って考えるきっかけになった

「がんになる年齢について」です。

ガンになるのは2人に1人は正解やけど…

死ぬまでにガンになる確率は

男性62%

女性47%

となっています。

確率的には高いんですが、これにはカラクリがあって

60歳時点でガンになっている人の確率

男性7%

女性9%

です。

つまりガンは高い確率でかかる病気なんですが、高齢になってから羅漢率が高くなる病気なんですね。

2人に1人はかかる病気ですが、高齢者がかかりやすい病気だと言えます。

続いてガンでの死亡リスクですが、

60歳の時点で死亡する確率は

男性2%

女性2%

ともに2%と確率は低くなっています。

 

転載元:国立がん研究センター がん情報サービス

それでもガンによって死亡するリスクはゼロではないので、ガン保険に入っている方も多いと思います。

つづいてはこの数字を元にガン保険が必要かどうかを考えていきます。

ガン保険は必要か?

ガン保険の特徴

ガン保険ですが、加入していない人もいますので簡単に解説します。

MEMO

ガン保険はガン治療に特化した医療保険です。

ガンに特化しているためガンにかかった場合のみ保険料が支払われます。

加入率の高いものだと、終身保障(一生保障)で払込期間も終身(死ぬまで払う)。

ガンと診断されたら診断給付金が支払われます。

医療保険とは違いガンでの入院給付金の支払い日数に制限がないものが多いです。

契約してから90日間は待機期間があり、加入から90日以内にガンになっても保険契約自体が無効になります。

簡単に言うとこのような特徴があります。

保障は

診断給付金

がんと診断された場合に支払われる保険金でこの保障額が保険料に直結しています。

診断後すぐにもらえるものや入院後に支払われるものなど、保険金が支払われるタイミングは商品によって異なります。

診断給付金は一度限りのもの。複数回もらえるものなどがあります。

入院給付金

これははガン治療のために入院した場合に保険金がもらえます。

1日当たりの保険金が設定されており、入院の日数に応じて保険金がもらえます。

手術治療給付金

これはガン治療のために手術を受けた場合に保険金がもらえます。
商品によっては複数回もらえるものもあります。
通院給付金
ガン治療のために通院したらもらえる保険金です。
放射線治療給付金
これは所定の放射線治療を受けた場合にもらえる保険金です。
抗がん剤治療給付金
抗がん剤治療を受けた時にもらえる保険金です。
がん先進医療給付金

 

これは保険診療の対象外となる先進的な医療を受けた場合にもらえる保険金です。

会社によって記載が異なりますが、この辺りが主要な保障です。

ガン保険のメリット

まずガン保険のメリットですが

  1. 入院給付金の支払日数が無制限
  2. 診断給付金が診断後にもらえる

入院給付金の支払い日数が無制限

ガン保険は医療保険と違い、長期の入院でも入院給付金を無制限にもらうことができます。

これはガンが長期間にわたり治療の必要がある場合が多いためで、支払制限日数がない商品がほとんどです。

入院中には治療費だけでなくベッド代もかかりますので、制限なしで保険金がもらえるのは嬉しいですね。

診断給付金が診断後にもらえる

診断給付金といって、ガンと診断されればまとまったお金が診断後すぐにもらえます。

これがもらえることにより、じっくりと治療に専念することもできますし、仕事を休んでいる間の生活費の足しにすることもできます。

仕事を休んでいる間は健康保険から傷病手当金も支給されるので、すぐにお金がなくなることはないと思いますが、貯金が減っていくのは精神衛生上良くないので、診断されたらすぐに請求してください。

ガン保険のデメリット

つづいてはガン保険のデメリット

  1. ガンにしか使えない
  2. 給付条件が厳しい
  3. 健康保険でまかなえる範囲が広い
  4. 医療の発達で通院の治療が主流に
  5. 資金が拘束される

順番に見ていきます。

ガン保険のデメリット

まずはガンにしか使えず、使用機会が限定されていることです。

似た特徴をもつ医療保険だとガンでの入院や通院でも保険金が出ますが、ガン保険はガンのみしか使えない割には割高な保険です。

それに割高なため、家計の固定費を圧迫する可能性があります。

給付条件が厳しい

給付条件が厳しいのもデメリットです。

ガンは転移しやすい病気ですので、ガンが一度は治ってもまた発症する可能性があります。

しかし、2回目以降は支払われない。もしくは1回目よりも診断給付金が減額される商品が多いんです。

せっかくガン保険に入っていても使えなければ意味ないですよね。
もちろん2回目以降も保険金が支払われるものは保険料が高いです。
あと上皮内心生物という比較的初期の危険度の低いガンに対しては、保険金が支払われない商品も多いです。

健康保険でまかなえる範囲が広い

健康保険でまかなえる範囲が広いのもガン保険が微妙だと感じる原因の一つです。
健康保険には
高額療養費制度というのがあります。
これは保険適用の病気の場合、1ヶ月月あたりの自己負担額の上限が設定されていて、それを超えた部分は健康保険から支払う制度です。
だいたい8万円ぐらいが普通のサラリーマンの方の上限額になっています。
あと傷病手当金というものがあり、病気やケガで会社を休み、十分な給料が得られなくても、一定額を支給してくれます。
健康保険が充実しているので、ガン保険に加入せずともある程度の治療費をまかなうことができます。

医療の発達で通院治療が主流

あとは医療の発達が目覚ましいので、そもそも入院する日数が少なくなってきています。

先ほどガン保険の入院給付金は医療費保険のものと違い、無制限で給付金がもらえると説明しました。

そのため医療保険の給付日数で足りるケースも増えてきたようで、症状が重くない限りは医療保険でも十分というケースも多くなってきています。

関連記事→医療保険はお守りです。いや、ほとんどの人は赤字ですよ。

資金拘束される

ガン保険は途中解約しない限り原則として現金化できません。

また、他の保険と同じように長い時間をかけないと途中解約の場合は元本割れしてしまいます。

ガンの発症は全体の90%以上が60代以降です。

なのでほとんどの人がガン保険を使うまでに20年以上の資金拘束を受けます。

20年以上の資金拘束を受けるうえに、その頃にはもっと医療が発達していて治癒率が高くなっている可能性もあります。

 

メリットとデメリットを見てきましたが、ガンは生活習慣が原因でかかる病気なので、生活習慣の見直しでガンの発生確率を下げることができます。

喫煙習慣を見直したり、運動習慣をつけたり。また、ストレスを溜めない生活を心がけるだけで、ガンのリスクを下げることができます。

喫煙者と非喫煙者の寿命は3年程度変わりますので、生活習慣を含め改善できる部分は改善してください。

ガン保険を資産運用でまかなう

ガンはある程度はお金をかけて治療すれば治る病気と言われています。

ですから若いうちから無駄を省き資産運用していれば、老後には備えられる確率が高いので計算してみます。

ガン保険の掛け金で運用した場合

ガン保険は加入年齢が若い方が割安に入れる保険です。

ただ、長い時間をかけるならその掛け金で運用した方がパフォーマンスがいいです。

30歳で診断給付金200万円のガン保険が月々2500円ほどで入れます。

この保険金を運用に回していけば、年5%の運用益で60歳の時にはこのような結果になります。

月々2500円   運用期間30年   年5%運用

60歳の時点で診断給付金に並びます。

しかもガン保険は払い続けないといけませんが、自分で運用していれば好きな時に現金化できます。

ガン保険は資金が拘束されるのもデメリットですね。

そんな運用益は出せないと思う方も多いと思いますが、アメリカのインデックス投資(投資信託)であれば十分可能ですし、実績もあります。

こちらのグラフはアメリカの有名な指数のS&P500(アメリカ株全体の平均と思ってください)の長期推移です。

 

転載元:Stock Market Indicators: Historical Monthly & Annual Returns

過去30年で見れば年平均9%を超えています。これを基に計算すると

もちろん過去に暴落もあるので全てがのタイミングでプラスではないですが、過去100年で見ても長期間持ち続けた場合、ほとんどプラスです。

なので若い人ほどこういった選択肢もあるんだと知ってください。

まとめと結論:ほとんどの人がいらない

結論ですが、ほとんどの人がいらないと思います。

若い人はお金を他で運用した方がお得ですし、ガンにかかる年齢もほとんどが60歳を超えてからです。

高齢になってから入るかと言われると、保険金が高いので払い続けると固定費が高くなります。

家計も圧迫しますし、ストレスになりそうです。

デメリットであげていたように、健康保険でまかなえる部分も大きいです。

わざわざガン保険に入らなくても貯金するなり運用するなりでお金残しておいた方が、換金しやすいので使い勝手もいいです。

運用は怖いと思うかもしれませんが、運用は保険会社も行なっています。

私たちから預かった保険金を運用で増やして、運用益の一部を保険金として払い出します。

全ての保険が不要なわけではないですが、生命保険、ガン保険、医療保険などは価格と保障のバランスが悪いので、運用して増やせるものは自分で増やすべきだと思います。

私も保険に入っているので保険会社が悪いといってるわけではなく、ガン保険は発想を変えれば不要な人が多いと思い今回紹介させていただきました。

発想が変われば未来が変わる。

運用は私が保険を見直すきっかけになったので、シェアさせていただきます。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です