おすすめの節約方法はこちら

アルファードのリセールで維持費が年間50万円も節約できました。

こんにちわ、ふみです!

今日はアルファードで維持費を年間で50万円節約する方法を紹介したいと思います。

車は一生で4000万円ほどのコストがかかると言われています。

これは20歳から70歳まで乗り続けたら66000円/月も車関係の費用にかかっている計算です。

そこで考えられる節約方法に

  • 車に乗らない
  • ずっと中古に乗り続ける
  • レンタカーやカーシェアを利用する
  • 人気のある車を新車で購入し3年以内に売る

このあたりが考えられます。

今日は最後にあげた

人気のある車を新車で購入し、3年以内に売る方法にクローズアップしてみていきたいと思います。

他の方法についてはこちらで紹介しています。

関連記事:車の維持費を下げる方法をわかりやすく解説します。

結論ですが、リセールが高いのでめちゃくちゃ維持費が安くなります。

私が1年間アルファードに乗った感想ですのでご覧ください。

アルファードで維持費が安くなる理由

維持費を最大まで安くするにはどうすればいいか?

それはリセールバリューの高い車に乗ることです。

売った時の値段も込みで車の維持費を考えると軽自動車並みの維持費で乗れる高級車があります。

具体的には

海外で人気のトヨタ車を買うことです。

なぜか?

  1. 海外での人気が非常に高く値落ちしにくい
  2. 日本と異なる考え方
  3. 新車なので故障のリスクが低い
  4. 車検が必要ない
  5. 消耗品費の節約になる

順番にいきます

海外需要の高さ

この記事で1番大事なとこですが、トヨタの特定の車種はあまり値落ちしません

これは海外での需要が非常に高く、リセールバリューが異常に高いからです。

新車で買った値段とほとんど変わらない値段で取引されることもザラにあります

日本の車はほとんどが5年で半額ぐらいになるので、200万円の車でも5年で100万円も価値が落ちてしまします。

あまり売る時のことを考えていない人も多いんですけど、リセールバリューの良い車に乗るだけでかなりの節約になります

実際に私の友人が3年間ランドクルーザープラドという人気のSUVに乗っていたんですが、320万円で購入して3年後300万円で売っています。

3年間で20万円しか下がらなかったので年間で約7万円しか価値が落ちませんでした。

先ほども言ったように3年乗れば半額ぐらいになる車が多いので、320万円の半額の160万円減っているはずが、プラドだと20万円しか下がりませんでした。

これは140万円も他の車より価値が残ったと言えます。

友人はこの方法で3年ごとにプラドを乗り継いでいってます。

ではなぜこんなに価値が残りやすいんでしょう?

日本と考え方が違う

日本は10年10万キロで車の乗り換えの目安とされていますが、海外では全くそんなことなくて走行距離は全く気にしていません。

例えばトヨタのハイエースですが、海外では100万キロ以上走っているものも普通にあります

これは車を買い替えるよりも、故障しても直しながら乗っていく精神が強いからです。

それに日本車は非常に故障しにくいことで有名で、海外の方も出来るだけ故障のリスクを抑えたいので日本車(特にトヨタ車)が非常に人気です。

それと走行距離が長くなっていくと傷や内装の痛みも出てきますが、それも全然気にしませんw

新婚旅行先のイタリアでは街中で路駐する車がずらっと並んでいました。

道の端に寄せて縦列駐車しているんですが、ほとんどの車が前後がボコボコになっています。

見ていると他人の車もおかまいなしにガツガツ当てて縦列駐車しているんですねw

けっこう衝撃やったんですけど、向こうの人が言ってたのは

前後のバンパーって靴底みたいなもんやから、バンパーあてて駐車するん当たり前やん

街を歩いてて、靴底汚れた!どうしよーとか言う方がおかしくない?

って言うてましたw

文化の違いってほんまにすごいしおもしろかったです。

少しそれましたが、日本と違って走行距離や内外装のキレイさもほとんど求められません。

さすがに事故車レベルのものは査定でがっつりマイナスですけど、多少の傷はなんともないので査定も高額になりやすいです。

新車はあまり故障しない

新車を買った人はわかると思いますけど、あまり故障しませんよね。

先ほどもお伝えしたとおり、故障の少なさが日本車の魅力でもあります。

中古で買うときは

「故障したらどうしよ」

って必ず考えると思うので、その辺の精神面もプラスだと思います。

長く乗っていると大きな故障もしますので、修理代もかなり大きな金額になります。

プリウスに乗っていた友人の話ですが、7年落ち8万キロ走行のプリウスに2年乗ったところでハイブリッドシステムが故障しました

システム全体の交換が必要になってくるので、修理費に50万以上かかると言われて泣く泣く手放しました。

新車ではこのようなことは無いですが、大きい故障は経年劣化で仕方ない部分もあるんで怖いですね。

年間維持費に修理費用を含めなくて済みます。

車検が必要ない

新車を買った場合は3年後に車検がやってきます。車検費用も高いし、さらに車検のタイミングは

  1. 自賠責保険
  2. 重量税
  3. 検査手数料

が絶対にかかります。

自賠責保険➡︎約26,000円

重量税       ➡︎車両重量で変わる(アルファードは45,600円)

軽自動車なら5000円までくらい

5ナンバー16,400円〜24,600円

3ナンバー32,800円〜

検査手数料➡︎1,000円〜2,000円

車検を受けずに売るのでこれが全部かかりません。

税金や諸費用だけでも最低4〜5万円かかるので大きな節約です。

さらに車検なので点検費用、消耗品の交換費も合わせるとかなりの金額になりますので、節約幅も大きいです。

消耗品費の節約

消耗品費も少なくて済みます。

特に大きいのがタイヤ代。タイヤも走行距離によりますけど、3年~4年に1回ぐらいは履き替える人が多いです。

サイズによって変わりますけど、大きい車だと5万円以上の出費になるのでタイヤ代がかからないのもありがたいですね。

消耗品費は細かくて何がどれだけかかるかは乗り方にもよるので目安でこちらを参考にしてください。

消耗品費の目安

転載元:http://shaken.carsensor.net/shakenguide/shaken_kokan.html

まとめ

アルファードで維持費が節約する方法を見てきましたが、本当に維持費がグッと安くなります。

 

私の場合ですが、2017年にかかっていた維持費は35万円ほど。さらに車の価値は50万円ほど下がったので85万円車の関係でお金がかかりました

2018年はこの方法を実践したので、売却益も込みで年間維持費がほぼ0円ですw

とはいえ、非常に効果は高いんですが、この方法が使えるのはトヨタ車の一部です。

それに高級車が該当しますので、そもそも買えないと言う人もいると思います。

ですが、1年やってみた感想は

今すぐ今乗ってる車を売って、乗り換えた方がいいよ

って本当に思います。

絶対ではないんですが、やり方を間違えなければ買った瞬間に売却益が見込めるので価格ではなく価値にお金を使う投資に似た手法になります。

私もお金がなかったので節約をしたからアルファードが買えました。

いろんな節約の方法も別の記事で紹介していますので、ぜひ見てください。

関連記事➡︎年収400万円台の私がアルファードを買うためにやった節約

➡︎アルファードを年収関係なく買えるたった1つの理由(1)全3回

車関係の費用はかなり高額です。それが無くなるだけでもかなりやれる事が増えて、人生がハッピーになっていきました。

これは車の維持費の1番かからないところだけを自分が負担して、あとの部分を他の人に任せる裏技的な方法です。

かなり効果は高いので、節約したい人には全力でオススメします!

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

アルファード・ヴェルファイアの買取ならこちらがおすすめです



高価買取で有名な業者です。まだ買取をディーラーや買取店に出している方は20万以上変わりますよ!

公式ホームページに高価買取の秘密が書いていますのでまずは見てください!

買取価格にびっくりしますよ!

 

【ENG】アルファード、ヴェルファイア専門高価買取

おすすめ中古車買取サイト


最近注目のサイトです!一括査定と違い複数社から連絡が来ないので女性でも安心!。

一括査定と違い中間コストがかかっていないため、高価買取が可能!

まずはすぐできる無料査定で節約の第一歩を踏み出してください!

ユーカーパック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です