おすすめの節約方法はこちら

車の維持費を下げる方法をわかりやすく解説します。

こんにちわ、ふみです!

先日お伝えした3大支出の1つに車があります。

車は20~70歳まで乗ると維持費を含めると4000万円ほどかかると言われています。

これは1か月あたり約66000円もかかる計算です。

車は家計にとってとんでもない金食い虫なんですね。

そこで今回は車の維持費を下げる方法をお伝えしますので、浮いたお金で人生をハッピーにしてください。

 

車はお金がかかるとまずは認識しよう

まず結論ですが、一番早いのは車を売ることです。

そうすれば年間で40万円以上家計が楽になります。ですがそれを言うと

それは無理」「移動手段がない

とよく言われますのでシミュレーションします。

66000円をすべて投資に回したらどうなるか?

シミュレーションしてみます。使うサイトはこちら

使用サイト:楽天証券 積立かんたんシミュレーション

少し低めに見積もって5%で出した結果がこちら

はい。あなたも50年後には億万長者です。これだけ月に66000円てすごい金額なんですね。

車なかったら他の交通費に使うしそこまでお金出せへんとかいろんな声がありますが、現状でこれだけお金持ちになるチャンスは近いところに眠っているんです。

貸す・見直す・貸す

じゃあ何をすればいいか?

それは

  • 乗っていない時に車を貸す
  • 自動車保険を見直す
  • タクシーに乗る
  • 車検を見直す

こちらが有効です。

順番に見ていきます。

車を貸し出すカーシェアリングサービス

休日にしか車に乗っていないという人も多いと思いますが、乗っていない時に車を貸し出すカーシェアリングサービスというのがあります。

これは自分の車を登録して相手に貸し出すこともできますし、誰かの車を借りることができる個人間でのレンタカーのようなサービスです。

こちらに登録するメリットとしては「維持費の削減」です。

日本は通勤を電車でしている場合が多いので必然的に平日は使いません。

平日に誰かに乗ってもらいお金をもらうことで維持費を削減することができます。

車を借りるだけならレンタカーでもできるんですが、レンタカーよりも安く借りれたり、普段乗れない高級車にというメリットもあります。

カーシェアリングサービスの最大手に「エニカ」がありますのでそちらのデータですが

2017年のランキングですが、このようにノアをカーシェアリングに出せば月々の維持費をほぼまかなえます

年式やグレードによって貸し出し価格はバラバラですが、維持費のかなり大きい部分を削減することができるんですね。

自家用車をあまり使っていないという方やとにかくすき間時間でお金を稼ぎたい方は登録してみてください。

公式

登録自体はメールアドレスや電話番号で簡単にできます。

車を貸し出すオーナー登録は車検証の情報を打ち込んだり少し手間がかかるので、まずはドライバー登録でどんな車があるのか見てみるのがオススメです。

こちらのコード「Kaori06126402」を入力すると2500円分のクーポンが貰えるので良ければ招待コードの所に使ってください。

エニカに登録してみる

関連記事

【注目サービス】車は個人間カーシェアリングで節約できました。

自動車保険を見直す

先日もお話ししたように自動車保険には必ず入ってください

それは補償と掛け金のバランスが正当で万が一の時に個人で払えない金額の賠償が請求される場合があるからです。

自動車保険は強制保険の自賠責保険と任意の自動車保険があります。

自賠責保険は加入が義務でどこで入っても金額は一律なので任意の自動車保険を見直していきます。

見直すのは

  1. 保険会社
  2. 契約条件

この2つを見直します。

保険会社は代理店型からネットから申し込むものに切り替えるだけで2万円ほど変わることがあります。

「事故対応が悪いんじゃないか」

とかも言われますが、一括見積などで比較する会社はそもそも大手ですから心配ありません。

では契約条件の見直しですが、運転者限定と年齢を適正にしましょう。

本人限定とか夫婦限定とか家族限定、限定なしとかのやつですね。

運転者を正しく限定することで保険料が安くなります。

あと年齢限定条件でも安くなります。ただ気を付けないといけないのが

運転者限定なし年齢限定30歳以上にしている場合

30歳以下の別居の家族や友人が事故を起こしても保険金は出ません

年齢限定条件は

契約者、配偶者、同居の親族のみです。

なので運転者限定なしにしていても人に貸す場合は注意しましょう。

特約でおすすめは

  • 弁護士特約
  • ファミリーバイク特約(125cc以下のバイクを持つ場合)

がおすすめです。

弁護士特約は事故を起こした場合に弁護士費用を負担してもらえます。

あと裏ワザですが、相手の過失でケガをした場合請求できる保険金額が大幅に上がります

ケガをしたときは一度保険会社に「もっと保証してもらわないと困る」と言いましょう。それだけです。

ファミリーバイク特約は年間1万円くらいなので個別でバイク保険に入るよりも安いのでおすすめです。

まずは一括見積もりで見比べて金額の納得したものに加入しましょう。

おすすめ自動車保険一括見積サイト
【インズウェブ自動車保険一括見積もりサービス】

タクシーを使う

車を売却したりして車が無くなればタクシーを使いましょう。

月に66000円の維持費をそのままタクシーに使うと、タクシー初乗り運賃500円だとして月に130回ほど乗れます。

130回も乗れたら買い物とか行くだけの車なら持たない方がましじゃないですか

あとこのようなおもしろいサービスも少しづつ出てきています。

それにタクシーは無料化されていく可能性もあります。DeNA、乗車料金が無料になる「0円タクシー」を発表・・都内50台から

タクシーは贅沢なイメージがありますが、急な雨で傘を買うよりタクシーで帰った方が安くなる可能性もあるので、タクシーも選択肢に入れてみてください。

車検を見直す

これも自動車保険と同じで比較することで安くなる可能性が大きいです。

ディーラーで車検をしてもらうのは安心かもしれませんが、その分高くなりやすいです。

消耗品の交換が早かったりが主な要因ですが、自動車整備工場にも腕のいいところはたくさんありますので、一度見積もりするのをおすすめします。

おすすめ車検比較サイト
楽天車検


Goo車検

まとめ

色んな削減方法を見てきましたが、自分に合うものを取り入れてください。自動車保険や車検など一括で比較できるものを正しく使いながら維持費を削減していけば年間でそこそこお金は浮いてきます。

エニカにしてもまだ始まって2~3年ですが、成長している分野なので今後はさらに収益が増えていく可能性もあるので早めに登録したら先行者利益がありますよ

あと自動車の本質的な役割ですが移動手段だと思います。なので移動手段としてコスパが悪いのなら持たないのが一番の節約になります。

では最後に車の維持費を浮かしたお金でサイドシミュレーションをしてみます。

車に乗っているんで月々2万円でシミュレーションした結果がこちら。

これで皆さん車に乗りながらにして見直しをすれば、こんだけお金が増えるんですね。笑

こんな投資先どこにあんねん」って声も聞こえてきそうですが…あります。笑

まずは節約に関することを記事に書いていきますので、徐々におすすめの投資先も紹介していきますね。

まずは大きいところから節約をしていきましょう!

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

アルファード・ヴェルファイアの買取ならこちらがおすすめです



高価買取で有名な業者です。まだ買取をディーラーや買取店に出している方は20万以上変わりますよ!

公式ホームページに高価買取の秘密が書いていますのでまずは見てください!

買取価格にびっくりしますよ!

 

【ENG】アルファード、ヴェルファイア専門高価買取

おすすめ中古車買取サイト


最近注目のサイトです!一括査定と違い複数社から連絡が来ないので女性でも安心!。

一括査定と違い中間コストがかかっていないため、高価買取が可能!

まずはすぐできる無料査定で節約の第一歩を踏み出してください!

ユーカーパック

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です