おすすめの節約方法はこちら

価格と価値の違いを解説します。

こんにちわ、ふみです!

価格と価値の違いって気にしたことありますか?

似たような言葉なのであまり気にしていない方も多いと思いますが

節約をしていくうえでかなり重要になってきます。

なぜか?それは

価値がわかれば適正価格がわかる」からです。

私は自分で車を買ったのはアルファードで2台目です。

1年アルファードに乗りましたが、本当にいい車だと思います。

トヨタの家族を喜ばせたいっていう思いがあちこちに散りばめられていて、かゆいところに手が届く。

ずっと乗っていたくなる車です。

アルファードの年間維持費を計算!

アルファード30系の燃費はどれくらい?1年間乗った実燃費を公開!

そしてもう1台。

初めて買った車が、マツダ・アテンザワゴンです。正直に言うとアルファードよりアテンザの方が好きでした。

走りも燃費も断然アテンザの方がいいですし、乗り心地もアルファードよりいい。加えてデザインもかっこいいし値段も安い。

しかし、トヨタとマツダではブランドの力がけた違いです。

結論ですが、アテンザは機能的価値や心の価値は満たされましたけど、金銭的価値は低かったです。

車の性能はアテンザの方がいいけど、アルファードと比べて人気がない。

だからアテンザは高く売れず、新車で買って3年で半額になりました

なぜこんなことが起こったかというと「需要と供給のバランスが悪かった」んですね。

これを機にマーケティング的な部分についても勉強をしてきました。

その中でいくつかおもしろい答えが見えてきましたので

今日は節約に重要な知識「価格」と「価値」の違いをお話しします。

価格と価値の違いは何か

当たり前ですが世の中の商品には価格がついています。

その商品が欲しかったらお金を支払って自分のものにしますね。

価格は「ついている値段」です。

では価値はなにかというと、「その商品を買った時に手に入るもの」です。

例えば缶ジュース。どこでも売っていますが自動販売機で買うのとスーパーで買うのでは「価格」が違います。

自動販売機は130円。スーパーは100円で買ったとしましょう。

この2つは30円の価格差がありますが、「価値」は同じですよね?

なぜ同じ価値の商品に価格差が出るかというと、価格には「需要と供給」が大きく影響しているからです。

MEMO

例えば缶ジュースを今すぐ飲みたい(需要が大きい)Aさんは自動販売機の130円でも買いますが、すぐに必要でない(需要が低い)Bさんはスーパーの100円でもいいわけです。

需要によって価格は変わることをまずは頭に置いてください。

車とか家電は同じ商品なら性能は同じ

では車の場合ですが、今回はアルファードを例にやっていきます。車って同じ車種でも販売価格が違います。

それは

  • 店の経費
  • 店に必要な利益
  • 営業マンのノルマ

などの影響で日々価格が変わります。

けどアルファードそのものの価値は変わりませんよね?

ということはこれは交渉するべき商品です。

なぜなら「安く買っても性能は変わらないから」です。

家電も同じでどの店で買っても性能は変わらないので、ネットを見たりいくつか店を回って交渉をすると価格は下がっていくのでより安く手に入れられます。

そうすると同じものでも安く買えた分「金銭的な価値」は上がりますよね。

価格が下げられるものはできるだけ交渉して値段を下げてください。

恥ずかしいしできないという人もいますが、1万円変われば美味しいものも食べれますし、時給1000円だとしたら10時間働かなくて済みます。

会社員として働いている人は自分の大事な時間を使ってお金を稼いでいるので、自分のためにも思い切って声をかけてみましょう。

価格に惑わされないで

次は価格の落とし穴です。

例えばなんですけどランクルとアルファード、プリウスで比較してみます。

  • ランクル800万円
  • アルファード500万円
  • プリウス300万円

私もランクル欲しいんですけど高いですよね。アルファードも買うとき高かったです。プリウスは友人が何人か乗っています。

では新車から3年乗るとします。

この中でいちばんコストパフォーマンス(金銭的価値)が悪い車はどれでしょう?

 

正解は

 

 

 

プリウスです!

いちばん安いプリウスがなぜコストパフォーマンスが悪いかというと、需要もあるけど供給も多いから価格が落ち着きやすいためです。

ちなみに

  • ランクル   800万→720万
  • アルファード 500万→450万
  • プリウス   300万→150万

こんな感じの値段に落ち着きます。

なぜこのようなことが起きるのか?それは海外での需要の高さです。

アルファードはもちろんですが、ランクルは海外で大人気なんですよね。

あまりいい例ではないですが、イスラム国の映像に出てきてる車のほとんどが日本から輸出されたランクルです。

新車価格が800万でも海外でほしい人がたくさんいる(需要大)のにあまり生産されていない(供給小)ので価格が落ちにくいんです。

アルファードも同じで理由で価格が落ちません。

欲しい人(需要)と生産数(供給)のバランスが需要が多いので高く売れます

逆にプリウスは日本でも走っているし、海外でも生産されているので国内の需要がメインになります。

プリウスは年数が経てば経つほど、距離を走れば走るほど売る時は値段が下がります。これはほとんどの日本車と同じです。

維持費は考えていませんが、ランクルの方が高いのに結果的にはプリウスより得をしています

私の周りは高い車をうまく乗り継いで金銭的に得をしている人が多いです。

ランクルもアルファードも乗っているけどお金には困っていませんね

社長とかじゃなくて普通のサラリーマンですけど、賢く乗り継いでいますね。

この売値を「リセールバリュー」と言います。これすごく大事な言葉なんで覚えてください。

リセールバリューがいい車を選んでいけば、結果的に自分の手元にお金が残ります。

アルファードのリセールで維持費が年間50万円も節約できました。

価格ではなく価値にお金を使う意識を

車の例でも見てもらいましたが、みんなが欲しいものってリセールバリューが高いものが多くて

  • トヨタ車(ランクル、アルファードなど)
  • アップル製品(iPhone)
  • 高級カメラ(レンズ)

ここらはリセールバリューがかなり高いので中古でも値段が下がりません

車は割愛しますが、アップル製品でも特にiPhoneはリセールがいいです。

iPhone毎年新しいモデルが出て高いんですが、毎年買い替えてもきれいに使っていれば7割くらい価格が残ります

これは型落ちでもiPhoneを安く買いたい人がいるから起こるんですね。

他社ではこれだけ残価は残らないのでアップルのブランド力といえます。

高級カメラも同じで、日本の製品は海外で高く評価されており

家電量販店のカメラコーナーも外国人の方がたくさんいます。

このようにみんなが欲しいものは価値があります

価格はただの値札に書かれている数字です

価格ではなくて価値のあるものにお金を使っていけば自然とお金は残るんですね。

まとめ

価格と価値の違いについてやってきましたが、リセールバリューだけは本当に大事なのでしっかりと覚えておいてください。

リセールバリューは

売ることができるものにはだいたい使えます。

家は新築の価格が日本では下がるとお話ししましたが

購入する場合はできるだけ交渉をして適正価格まで下げていきましょう

できるだけ節約をするためにも需要と供給を考え、価格と価値をできるだけ等しくしていかなければ自分が損をしてしまいます。

知識はつければつけるほど自分を守ってくれます。

逆に知識がなければ知らないうちにどんどん搾取されてしまって

豊かな生活が送れなくなります。

少しづつでも勉強して知識をつけて自分が損をしにくい状態を作っていきましょう。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

人生の三大支出「家、保険、車」を節約するメリットを解説します。

アルファード・ヴェルファイアの買取ならこちらがおすすめです



高価買取で有名な業者です。まだ買取をディーラーや買取店に出している方は20万以上変わりますよ!

公式ホームページに高価買取の秘密が書いていますのでまずは見てください!

買取価格にびっくりしますよ!

 

【ENG】アルファード、ヴェルファイア専門高価買取

おすすめ中古車買取サイト


最近注目のサイトです!一括査定と違い複数社から連絡が来ないので女性でも安心!。

一括査定と違い中間コストがかかっていないため、高価買取が可能!

まずはすぐできる無料査定で節約の第一歩を踏み出してください!

ユーカーパック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です