おすすめの節約方法はこちら

人生の三大支出「家、保険、車」を節約するメリットを解説します。

こんにちわ、ふみです!

皆さん節約していますか?

私もそうだったんですが、節約してお金を貯めなければいけないと思っていても、実際にはなかなかできない人も多いと思います。

それに節約は食費を削ったり、光熱費を抑えたりと変動費を削ることに必死になっていました。

しかし、考えることが多すぎて、めんどくさがりの私は一度挫折してしまいました。

とはいえ、お金を貯めるためには節約からは逃げられないので、今までとは違うやり方をしたらすごくうまくいきました。

結論ですが、私は「家、保険、車」という人生三大支出と言われる「大きな固定費の節約」をしました。

今までは食費や光熱費などの変動費を削るために必死になっていましたが

固定費を徹底的に見直した結果、ウソみたいにお金が貯まっていきました

【がんばらない節約術】簡単に固定費を下げるコツを紹介します。

人生三大支出は具体的にこれぐらい費用がかかると言われています。

  • 家(住居費) →6000万円
  • 保険                →2000万円
  • 車                    →4000万円

額だけ見ると生涯賃金の大部分を持っていかれる額です。

全部持っている人はお金がなかなか貯まりません。

車は持っていない人もいますけど、私たちの住んでいる地域では無いと不便なので一家に一台は当たり前に持っています。

なのでケースバイケースな部分についても今回お話をしていきます。

 

固定費節約に必要なまとめ記事にしているので、必要なところを抜き出してご覧ください。

この記事を読んでわかること
効果の高い節約

・ストレスのかからない節約

・マイホームの実態

・本当に必要な保険はどれか

・あまり知られていない車の賢い乗り方

人生の三大支出「家、保険、車」を節約するメリット

そもそもなぜ節約するかなんですけど、みんなお金は大切ですよね?

そして好きですよね?笑

お金は自分が頑張って稼いだすごく大切なものだと思います。

 

そしてほとんどの人が

「今より豊かになりたい。」「楽になりたい。」「人生を楽しく過ごしたい」

こう思っていると思います。

お金を持って楽になるには

  • 今より収入を増やすか
  • 節約をして支出を増やすか

この2つしかありません。

じゃあ収入を増やすぞって思ったら

給料を増やす

副業をする

投資をする

こういう方法が考えられますが

  • 給料を増やす→他者の判断で自分ではどうにもならない
  • 副業をする    →効果的だが時間がかかる
  • 投資をする    →効果的だがタネ銭がかかる

なので収入を増やすには会社に評価されたり、時間がかかったり、自分の力ではどうしようもないことが出てきます。

節約が効果的なのは自分の意思でできるから

一方で節約は自分の意思と判断でできるので即効性があります

それに収入を増やす努力をするよりもはるかに簡単です。

節約もいくつかポイントがあって

  • 無理に食費や光熱費を削らない
  • 効果の高いところを削る

ここポイントです。

食費、光熱費などの生活費は削れるなら削ればいいんですが

  • こまめに電気を消す
  • 安い食材を買うために遠いスーパーをはしごする
  • 節水する

私もそうだったのですが、頑張っても実は効果は小さかったです。

それにずっと節約のことを考えないといけないのでストレスも溜まりました。

大事なんですけど、それより効果が大きいものがいくつかあって「家」「保険」「車」はその代表例です。

人生の三大支出と言われるように、効果は変動費を削るのとは比べ物にならないです。

住居費用の節約

住居は必要です。

ただ、費用面みると「マイホームを買うことが貧乏への第一歩」だということがデータでわかってきました。

賃貸か持ち家か

すごく夢のないことですが、マイホームを持つことは支出の面では最も大きいです。

住宅ローンを組んで買って、金利を払って生活し、傷んだところを自分で修繕する。

特に買う前はあまり気にしていない修繕費ですが

35年ローンを組むと、その間の修繕費だけでおよそ800万円かかるとも言われています。

(画像転載元 築後30年で800万円も!? 戸建て修繕費の積み立て術

10年に1回くらい外壁を直したり、長年住んでいたら水回りも代えなくてはいけません。

積もり積もって35年で800万円くらいかかります

支出は「全部自分持ちです

逆に賃貸は

家賃を払うけど、金利を払わず、傷んだところも大家さんが直してくれる。

支出はマイホームを持つよりもかなり安くすみます

この賃貸か持ち家かは大昔から議論されている永遠のテーマなのでここでは割愛しますが、支出には大きな差が出てきます。

マイホームは資産になる?

でもこれよく聞くんですけど

家は買えば資産になるでしょ?」「資産になるからいいんです」

資産になる。

これウソです。

日本の新築住宅の99%以上は購入後に価格が2〜3割減ります

これはなぜかというと、建築会社や関わる色々な企業の利益が乗っかているので購入した段階で価値は下がります。

具体的には購入時の税金や登記などの諸費用、ローンの手数料などで1割、住宅会社の利益が1割から2割あるので

購入時点で評価額はかなり減額されるんですね。

というよりも価格と価値がそもそも全然釣り合っていないのが住宅業界です

価格と価値の違いはお話ししますが、日本の住宅は買った瞬間に価格が下がる「死産」が実態です。

価格と価値の違いを解説します。

なお、日本人の平均負債額ですが40歳未満の平均がー1100万円です。

−1100万て意味わからないんですけどこれは「住宅」が大部分を占めます。

4000万円の家で新築で売却した場合(3割減るとして)

住宅ローンの残価(4000万)+売却額(2800万)=住宅の真の価値(-1200万円の負債)になります。

だから住宅は「資産」ではなく「死産(しさん)」なんですね。

マイホームを買うかは価値をしっかり見極めて

ここまで言うとマイホーム買う意味なさそうなんですけど、私は家を買いました

こんなにもマイホームのことをディスってるのに私は買っています。笑

これは本人の考え方次第なんですが

私は住宅に金銭的な価値は無いと判断しました

賃貸と比べ機能的な価値や家族が楽しく暮らせる箱になると思ったので購入しています。

機能的な価値は家の広さであったり設備であったり庭であったり。

賃貸ではなかなか100%自分が欲しい家を見つけることができなかったのですが、マイホームなら自分の好きにすることができます。

友人にも

車が好きだしガレージハウスにした人

アウトドアが好きだし広い庭とピザ窯を作った人

秘密基地みたいな小屋裏が欲しい人

色んな個性が出せるのは事実です。しかも自分が欲しい機能を詰め込めます。

最近ではZEH(ゼロエネルギーハウス)ゼッチといって

住んでからのコストが低く抑えられる工夫をしている家なども出てきています。

環境にも優しいので補助金や住宅ローンの金利が安くなるものもあります。

また

将来は自分のものになる

子どもとの思い出ができる(壁に身長の記録をしていくとか)

「こんな生活していったら楽しい」って家族が考えられる空間が

賃貸では難しそうだったので私は家を買いました。

もちろんコスト面の不安はあるので徹底的な固定費の削減が前提です。

ここで考えてもらいたいのは

マイホームは高いのでしっかりと考えてから購入しよう」ということです。

人生で6000万円もの支出項目なのでまずはしっかりと

お金のことや本当に必要かどうかをしっかりと考えてください。

そして買うとなれば全力で応援します。

私も相当迷ってからそれでも買いました。

保険を節約する

次は保険です。

保険もいろいろな考え方がありますが、私は基本的にはいらないと思っています

特に生命保険や医療保険はほとんどの人が

「入らない方が幸せになれる」と思っています。

なぜかというと、

生命保険や医療保険は価格と保障のバランスが非常に悪いからです。

保険は万が一のために使うものであって、保証を増やしすぎて生活を苦しめてはいけないという考えです。

さらに保険は死亡時やケガ、ガンになった時など未来の保障をするものであって、今入っていなくても生活に支障がないからです。

保険を大きく分けると3種類

保険をざっくり分けると

  1. 生命保険
  2. 医療保険
  3. 損害保険

この3つに分けられます。

生命保険の中には学資保険

医療保険の中にはガン保険

損害保険の中には自動車保険火災保険が含まれます。

さらに1番の生命保険には掛け捨てと積立があって、よく積立は将来に向けての貯蓄になるからと言われます。

この中で本当に必要な保険はなんでしょうか?

私が考える必要な保険は3番の損害保険(自動車保険、火災保険)と掛け捨ての生命保険が必要かなと思うくらいです。

保険はなぜ必要なのか?

そもそも保険はなぜ必要なのか?

保険はいざっていう時のためにお金がいるから入る人がほとんどだと思います。

じゃあいざっていう時はどれぐらいのお金がかかるんでしょうか

私は年老いて入退院を繰り返し、ガンになって毎月の治療費が何百万円もかかるから保険が必要だと以前は考えていました。

そして自分が死んだ時には家族にある程度のお金が残せるように。

そう思っていましたが、治療費って実はそんなにはかかりません。

なぜかというと国民のほとんどが健康保険に加入しているからです。

この健康保険はかなり優秀でなんです。

例えば

私が何百万もかかると思っていた入院代やガンの治療費は、1ヶ月の治療費の上限がだいたい多くても10万円くらいになります。

これは高額療養費制度といって健康保険に入っていれば誰でも使える仕組みです。

高額療養費制度は所得に応じて支払額が変わってくるので所得が低ければ安くなりますし、高ければ上がりますが、サラリーマンをしている限りだいたいは10万円が上限ぐらいです。

転載元:国立がん研究センター がん情報サービス

今年妻が入院した時も高額療養費制度を使えたので、自己負担をかなり抑えて入院することができました。

ですから思っている以上にお金はかからなかったんです。

知らないと損!出産でも使える高額療養費制度を解説します!

他にも

「仕事ができなくなって給料がもらえなかったら生活できない」

「ガンになったら先進医療を受けるのにお金が必要」

とか相談いただくんですが結論は不要です。

仕事ができなくても健康保険から傷病手当金が最長1年6か月もらえます。

 

ガンになったらがん保険に入っていても100%ガンが治るわけじゃないし、先進医療で100%治癒するわけじゃないんですよね。

ガンは日本人の2人に1人がかかるから」って言いますよね?

正解です。確かにかかります。

けどガンになるのはほとんどの人が70歳以降なんですよね。

ガン保険がほぼいらない理由。掛け金を資産運用がオススメです。

だからそれまでお金払っていてガンになっても100%治る保障はないし、それまでに払っている保険代を貯金しといたり、好きなことに使ってストレスを発散さしたり。

いつ使うかわからないお金をずっと払い続けるよりも

ストレスのかからない健康的な生活を送れるように予防医療に使った方がいいと私は考えます

だから医療保険は不要です。

医療保険はお守りです。いや、ほとんどの人は不要ですよ。

生命保険はいるでしょ?

医療保険がいらないのはわかったけど生命保険はさすがにいるでしょ?って考える方も多いと思います。

結論は不要です。

なぜか?

価格と保障のバランスが非常に悪いからです。

特に学資保険はバランスが悪いので絶対に入りません

まず生命保険ですが積立はいりません。

積立はの生命保険は死亡時に◯万円でます。毎月の積立で30年後には◯万円になっていますよ。だから貯金の代わりになります。

これうまくセールストークに乗せられてるだけですからね。

死亡時に◯万円出るのは本当なんですけど、その保障は「保険料を払い続けた場合」です。

生命保険は10年ごとに見直しがあって、保険料が1.7倍づつ増えていきます。

22歳で契約して10000円払っていたとすると、32歳で17000円。42歳で29000円、52歳で49000円、62歳で83000円…

これ毎月払えますか?って話なんですよ。

今後結婚したりお子さんが生まれたりすると教育費もかかると思います。

そんなタイミングでこんな金額払えないですよね。

ほとんどの人が払えないので見直しをします。

すると最初に契約していた死亡保障が減っていって

何のために今まで保険代払っていたかよくわからなくなるんですよ。

だからよく考えてみてください。

保険はなんのために入るんですか?いざっていう時のためですよね?

いざが高すぎませんか

積立の生命保険にお金を払うんだったら貯金しておく方が使い勝手もいいし、全然マシですね。

ちなみに学資保険も利率はかなり悪いので手を出さないでくださいね。

余談ですが、

生命保険をやめたら節約できる話。

ただ、生命保険でも掛け捨ては、結婚してお子さんがおられる場合は入った方がいい場合もあります。

家庭の状況にもよるんですが、こちらはケースバイケースです。

損害保険は絶対に入って

次は損害保険(自動車保険、火災保険)ですが、これは必ず入ってください

なぜなら

  • 事故を起こした保障は払える金額じゃない
  • 火事での損害は何千万かかる
  • 今日起こるかもしれない

人を轢いてしまった時の補償どうしますか?火事で家が燃えたら住む場所はどうしますか?周囲の家への補償は?

この2つはお金を貯めていたからどうこうという問題じゃないくらいお金がかかります

本当に何千万円とかかかるので普通の人は払えません。

しかし、補償のわりに掛け金は手頃なので保険としては加入すべきものになります

 

自動車保険は2種類あって自賠責保険任意保険があります。

自賠責保険は強制保険で車検の時に勝手についてきています。

補償は死亡時に最大3000万円、障害による損害は最大120万円が被害者に対して支払われます

これだけではカバーしきれない場合に加入しておくのが自動車保険(任意保険)です。

自動車保険は保険会社によって金額がバラバラなので一度見直しをしてみてください。

保険会社を見直すだけでも年間で2~3万円変わります。

それって補償内容が違うからでしょ?って声が聞こえてきそうですけど、多くの場合は

代理店・対人販売で契約している場合は人件費や店舗維持費が保険料に乗っかっています

補償とかの差ではないですから一度見直ししてみてください

ネット型のものは本当にちゃんと保険が降りるか不安だ。と聞かれることがありますが

一括見積もりができる保険会社は

東京海上や三井住友系など、どこも大手ばかりですので安心してください

しかも、無料で見積もりができますので保険料が高いかな?と感じている方や

まだネットの自動車保険に加入したことがない方は

ほぼ保険料が下がりますので、一度試してみてください。

おすすめ自動車保険一括見積サイト
【インズウェブ自動車保険一括見積もりサービス】

火災保険も比較して見直せます

火災保険も見直しができます。

賃貸に住んでいた時の火災保険の話ですが、年間1万円くらい払っていました。

持ち家になったタイミングで初めて火災保険を自分で契約しましたが、すごい安いんですよね。

試しに賃貸の時の内容で見積もりしてみたら半額以下になりました…

終わったから勉強代ですが、管理会社にマージンを抜かれていましたね…

持ち家の場合も住宅メーカーの紹介で火災保険に入っている方も多いと思いますが

安くなる可能性が高いので一度自分で見積もりを出してみてください。

以前は火災保険の契約って35年の長期契約ができたんですけど

最長でも10年に変更になりました

35年契約の方はそちらの方が安いですので見積もりは基本的に不要です。

10年単位で契約している方は安くなる可能性があるので

見積もりしてみてください。

こちらも自動車保険同様に見積もりは無料となっていますので

火災保険の見直しに使ってみてください。

おすすめ火災保険比較サイト
【インズウェブ火災保険一括見積もりサービス】


【火災保険の窓口】


車の節約

私は必要です。なぜなら移動には欠かせないので必要で、一家に1台は当たり前なんですね。

けど一度本気で車の費用を計算してみたらゾッとしました

車の維持費を下げる方法をわかりやすく解説します。

車ってめちゃくちゃ費用がかかっています…

車にかかる主な費用

車に20歳~70歳まで乗り続けたとして約4000万円かかると最初に書きました。

細かく分けると

  • 車両本体
  • ローン
  • 駐車場代
  • ガソリン代
  • 保険代
  • 車検代
  • 消耗品(タイヤ他)
  • 税金

車を一括で買える人はいいですが、ローンで買っている人がほとんどじゃないですか?

ローンの金利も安くても1%台ですし、車屋の残価設定とかすると安く買えるとみせかけて3%くらいかかりますよね。

ローンの金利もばかにならないので審査に通る人は銀行のローンの方が安いのでおすすめです。

あとは駐車場代もけっこうかかりますね。

 

月に1万円でも年間12万円。大きいです。

それにガソリン代も年間1万キロ走るとしたら燃費のいい車でも10万以上かかります。

保険代も車種によって変わりますが、高い車であればあるほど高い傾向があります。

車両保険も入れれば、10万円超える人もいると思います。

車検も2年に1回あります。これも自分でやると安くできるんですけど、あまりいないと思うんで普通の人は7万円~はかかってきます。

消耗品もタイヤも走行距離によりますが3年位すると交換の時期にきますのでこの費用もかかります。

さらに税金は毎年かかります。自動車保険も排気量によって変わりますけど普通車なら安くても3万円~くらい。車検時には重量税もかかります。

これだけの費用がかかります。全部合わすと年間で40万~くらいかかります

どうしたらいいのかもう一度考えてみてください。

私はアルファードに乗っていたんですけど維持費

車は必要?

一番手っ取り早いのは今すぐに車を売ってください

「いやいやできひんよ~」という声が聞こえてきますが

最優先すべきは月々の支払いを減らして自分の生活が楽になることです

車がどうしても必要だという方は

  • レンタカーを必要な時だけ使う
  • カーシェアを使う
  • タクシーを使う

こういう方法もあります。

毎日通勤で使っている人以外は車をそこまで使っていないので、レンタカーの方が自分で持つより維持費を節約できます。

あとはカーシェアを使うのも節約になります。

カーシェアとは、個人間で車を貸し借りするサービスなんですが貸し出すと使用料がもらえます。

維持費の節約にもなりますし、人に貸すのが嫌ではない人は検討していいと思います。

【注目サービス】車は個人間カーシェアリングで節約できました。

あとタクシーを使う。

初乗り500円だとすると維持費が40万円の場合800回もタクシーのれます。

これだけ乗れたら週末だけレンタカー借りて家族で出かける。

スーパーへの買い物はタクシーを使う、遠出はレンタカーやカーシェアといった使い方もできるので、維持費分でおつりがくるんじゃないでしょうか。

車を維持するのは思った以上に高いので、車を持っている人はもう一度考えてみてください。

やり方次第でかなり安くなります。

維持費を安くしたい方はこちら

もう車持ってる人は

車を持っている人は費用の見直しをしましょう。

維持費で見直せる部分は税金…は無理です笑

しっかりと払いましょう。

できること

自動車保険、車検は見直せますので見直しましょう。

自動車保険は損害保険のところでもお話ししたので割愛します。

車検費用に関してはディーラーに出すと高くなります

ディーラーが悪いというわけではなくて、すごく丁寧にしてくれるんですけど、色々やりすぎて高いです。

それに早めに消耗品を交換していくので、もったいない場合が多いです

なのでネットで相見積をしましょう。これをすると適正な価格がわかって車検代を節約できます。

どちらも無料で比較ができますので

楽天を使う方は楽天車検

使わない方はどちらでもOKなので

車検前には見積もりしてみましょう。

おすすめ車検比較サイト
楽天車検


Goo車検

余談

今回は車両の費用自体は計算していませんが、今後車を買う場合はリセールバリューも気にして車を買ってください。

世の中には需要と供給がありますので需要の多い車は売る時の価格が下がりにくいです。

アルファードのリセールで維持費が年間50万円も節約できました。

アルファードが欲しい。1年間乗った私が誰でも買える理由を2つ紹介

車種でいえばランクルとかアルファード、ヴェルファイアとかね。

こういった車は値段が下がりにくいのでおすすめです。

アルファードの年間維持費を計算!

まとめ

長文最後までありがとうございました。

「家、保険、車」について見てきましたが

ここをうまくコントロールするだけで人生は大きく変わります

 

家 →持ち家はほぼ資産にはならない

保険→最低限でいいから無駄を省く

車 →高いから本当に必要か考えなおす

この3つは社会人になればほとんどの人が購入を考えたことがあると思います。

動くお金が大きいからこそもう一度考えてほしいんですね

ここを節約して私は

  • 好きなことに使えるお金が増えた
  • 貯金が増えた
  • お金が増えて選択肢が増えた
  • 投資に回して今より楽に生活できた
  • お金に敏感になって無駄なものにお金を使わなくなった

すごい変化がありました。

もう人生変わるレベルです。

最後にもう一度言いますが、節約は収入を増やすよりも簡単にできて即効性も高いです。

今日お伝えした部分の見直しはすぐにでもやってください。

他にもこんな方法をまとめています

【がんばらない節約術】簡単に固定費を下げるコツを紹介します。

早くやればやるほどお得なので、少しでも生活を楽にして人生を楽しくやっていきましょう。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

アルファード・ヴェルファイアの買取ならこちらがおすすめです



高価買取で有名な業者です。まだ買取をディーラーや買取店に出している方は20万以上変わりますよ!

公式ホームページに高価買取の秘密が書いていますのでまずは見てください!

買取価格にびっくりしますよ!

 

【ENG】アルファード、ヴェルファイア専門高価買取

おすすめ中古車買取サイト


最近注目のサイトです!一括査定と違い複数社から連絡が来ないので女性でも安心!。

一括査定と違い中間コストがかかっていないため、高価買取が可能!

まずはすぐできる無料査定で節約の第一歩を踏み出してください!

ユーカーパック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です