おすすめの節約方法はこちら

WHIPって何?ピッチャーをわかりやすく評価できるデータ指標です

こんにちわ、野球大好きブロガーふみです!

今日はWHIPというピッチャーのデータ指標を実例に基づきご紹介します。このデータも覚えておけば野球観戦をよりおもしろくしてくれるもので、しかも計算が簡単です。

OPSという指標も文中に出てくるので先にこちらを読んでいただけるとより理解が深まります。

打率よりも打点よりも もっと大切なコト「私…OPS好き…」

それでは今日もお付き合いください。

ピッチャーのデータ指標WHIPとは?

WHIPとは

1イニングあたりにピッチャーが何人ランナーを塁に出したかを示すデータです。

計算方法は

MEMO
WHIP=(与四球+被安打)÷投球回

以上です。

注意点としては死球は含めないところです。

これで何がわかるかというと、1イニングあたりにランナーを出した数になるので少なければ少ないほど失点のリスクを小さくすることができます。

またよく使われる防御率は、ピッチャー交代後に残したランナーが得点すると交代前のピッチャーの防御率が悪化しますので、交代したピッチャーとしては残念な気持ちになります。

しかし、WHIPは対戦したバッターとの結果のみが成績に反映されるので個人の成績としてしっかりと残るのも特徴です。

 

WHIPのメリットは?

WHIPのメリットは

  • 中継で使われるデータで簡単に出せる
  • ピッチャー個人の能力を測りやすい
  • リリーフピッチャーの評価をしやすい

先ほど紹介したように計算が簡単にできます。

また、個人の能力を反映するので、ランナーを残して降板し、後続のピッチャーが得点されたら悪化する防御率よりも個人の能力を反映しやすいです。

大リーグではリリーフピッチャーの場合は防御率をほぼ無視してリリーフ投手の獲得を行うぐらいです。

デメリットは?

  • 長打と四球扱いが同じ
  • 必ずしも投手の能力をとらえきれない

WHIPの最大のデメリットは長打と単打、四球を同様の評価にしてしまうことです。

OPSの記事では打率よりも長打を考慮するOPSの方が得点の相関高いとお伝えしましたが、WHIPは単打と本塁打を同列に並べてしまっています。

これは四球は少ないけど長打を良く打たれるピッチャーはWHIPは低くても失点しやすかったり他のデータ指標は悪くなる傾向があります。

去年のプロ野球でのWHIP

2017年セリーグ平均が1.30

パリーグ平均が1.28

となっております。

これより低い数値だと安定感がある傾向です。

MEMO

1.0未満    リーグを代表する超一流ピッチャー

1.0~1.1     一流のピッチャー

1.1~1.2     平均以上のピッチャー

1.2~1.3なら   平均的なピッチャー優秀

1.4以上    平均以下

この変が目安になります。

2017プロ野球

2017プロ野球の上位はこんな感じです。

セリーグ            WHIP

1 菊池(西)           0.91

2 岸(楽)            1.02

3 野上(西)           1.06

4 則本(西)           1.06

5 千賀(ソ)           1.07

パリーグ

1 菅野(巨)           0.85

2 マイコラス(巨)        0.98

3 秋山(神)           1.09

4 今永(D)            1.13

5 田口(巨)           1.22

両リーグとも1位の2人は安定感のある投球をしました。

中でも巨人の菅野投手が記録したWHIO0.85はリリーフでもなかなか記録できない素晴らしい数字でした。

菅野、サファテが圧倒的

2017年のリリーフのランキングですが

高橋   (神)0.90 防御率1.70
中崎   (広)0.92 防御率1.40
桑原   (神)0.94 防御率1.51
山崎   (D) 0.99 防御率1.64
ジャクソン(広)1.00 防御率2.03

セリーグではリリーフも含め菅野投手のWHIP0.85が最高でした。

基本的に短いイニングを抑えるリリーフピッチャーと違い、先発ピッチャーのWHIPは高くなる傾向が強いので菅野投手の能力は相当なものだと言えます。

リーグで最高の抑えピッチャーが先発してくるようなものなので、根本的に出塁するのが困難で沢村賞も納得の数字です。

そんな菅野投手より唯一良かったのがソフトバンクのサファテ投手

サファテ(ソ)0.67 防御率1.09

3イニングで2人しか出塁されなかったのだけでなく、投手として重要な指標K/BBもかなりのハイレベルだったので見ていても圧倒的な投球でした。

 

まとめ

今日はピッチャーをわかりやすく評価できるデータ指標「WHIP」をご紹介しました。

WHIP単体ではデータとして物足りない部分もありますが、野球中継や翌日の新聞にも載る簡単なデータで出せるのでご紹介しました。

夏の甲子園も開催されているので、人とは少し違った視点で野球を見れるのもデータのおもしろいところですよ!

甲子園開幕前にデータでピックアップした注目選手の紹介もしていますので、良ければそちらもご覧ください!

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です