おすすめの節約方法はこちら

甲子園開幕直前!データを用いて注目選手を徹底分析する~投手編~

こんにちわ、野球大好きブロガーふみです!昨日の打者編に引き続き投手編もやります!

打者はOPSと四球と三振の割合で注目選手をあげましたが、金属バット効果で当てられると打球が速くなり投手不利なのでより四球と三振に重きを置いて注目選手を探しています。

昨日の記事はこちらです→甲子園開幕直前!データを用いて注目選手を徹底分析する~打者編~

それでは今回も有力な選手とデータで浮かび上がった裏注目選手を探していきます。

使用するのは

  • 奪三振率
  • WHIP
  • K/BB

この3つを使います。

奪三振率(9イニングあたりどれだけ三振を奪うか)

9.0を超えれば優秀。ただ高校生ではあまりいない印象。

WHIP(1イニングあたり何人ランナーを出すか)

先発なら1.2を切ると優秀。1.0を切ると相手打線はランナーを出すだけでも一苦労

K/BB(三振と四球の割合)

3.0より上だと優秀。力強いボールを投げ、なおかつコントロールがいいので能力をつかみやすい

ちなみに現役選手だとジャイアンツの菅野投手は上記3つ全てでハイレベルです。まさに投手の能力を示しています。

本当は長打の打たれにくさも考慮しないと正確な能力は見えてこないですが、データがないのでそこは割愛します。

投手の能力=失点しない能力に置き換えることができます。

防御率を使うんじゃないの?という声が聞こえてきそうですが、防御率は守備の良し悪しの影響を受けるので純粋な能力が図れず、アメリカでは重要視されなくなってきています。

ということで今回は上記3つで算出します。

奪三振率11.0以上  WHIP 0.8以下 K/BB6.0以上

黄色で色付けます。注目のポイントですね。

今年の注目選手~投手編~

金足農・吉田

各媒体で注目選手にあげられていますが数字で納得。

奪三振率 11.93 WHIP 0.97 K/BB 3.56

レベル高いなぁ~これだけ奪三振率が高いのは高校生では希少。

最速150㎞かつ奪三振率が高いので回転数が非常に高いのかもしれません。

甲子園では振り回してくる打者も多いので、高めのボールゾーンで空振りどんどん狙えと指示します。

いやー見るのが楽しみです。

羽黒 佐藤・篠田

2人そろっていいですね。

佐藤 奪三振率 10.58 WHIP 0.76 K/BB 5.0

篠田 奪三振率   6.47 WHIP 0.72 K/BB 12.0

2人とも能力は高そうです。継投で勝ち上がってきているので継投のタイミングがカギになります。

エースは佐藤君みたいですが、力強いボールを投げられる分リリーフの方が能力をフルに発揮できるかもしれません。

うん。2人ともいい。

聖光学院 衛藤

個人的に名前がいい。先輩とよばせてください。

奪三振率 9.13 WHIP 0.80 K/BB 5.5

聖光学院は予選で5人投手を使っていますが、先輩が間違いなくエース。

先輩の出来次第で勝ち進めるかが決まります。

花咲徳栄 野村

打者編に続き注目選手にしました。

奪三振率 8.7 WHIP 0.83 K/BB 5.0

優秀な数字が並んでいるのでなかなか崩れないでしょう。

打者に専念させてほしいですが、投手としても大黒柱です。

横浜 板川・及川

ここもタイプの違う2人が互いにいい仕事しています。

板川

奪三振率 10.88 WHIP 0.96 K/BB 8.33

及川

奪三振率 12.15 WHIP 0.97 K/BB 4.5

2人ともいいですが、板川君が安定していますね。

及川君は150㎞左腕。しかも2年生なので2019年ドラフトにかかると思われます。

山梨学院 垣越

データ的にはこの夏一番注目かも。

奪三振率 15.6 WHIP 0.53 K/BB 26.0

全ての数字がハイレベル。注目選手見つけてしまった!

星稜 奥川

2年生でU-18日本代表候補に選ばれているだけあってハイレベルです。

奪三振率 8.4 WHIP 0.53 K/BB 14.0

三振は少なめですが相手に付け入るスキを与えない印象。

星稜高校は無失点で甲子園に乗り込むので他の投手もレベル高いですね。

創志学園 西

さすがはU-18代表候補です。

奪三振率 10.6 WHIP 0.89 K/BB 3.67

突出したものはデータ的にはありませんが、すべてにおいてハイレベルです。

データ的におもしろい選手

浦和学院 河北

奪三振率 10.63 WHIP 0.45 K/BB 4.3

イニングが短いのですがクオリティは高い。

木更津総合 根本・篠木

根本

奪三振率 13.96 WHIP 0.82 K/BB 測定不能

篠木

奪三振率 21.6 WHIP 1.0 K/BB 4.0

イニング数が少ないけどこの2人の奪三振率に注目

特に根本君は四球0のためK/BBが出せず。投手陣全体のレベルが高い。

明石商 福谷

福谷

奪三振率 7.87 WHIP 0.75 K/BB 14.0

優秀です。四球を出さないので安定していますね。

広陵 河野

河野

奪三振率 13.1 WHIP 0.72 K/BB 16.0

予選でのイニングは11回と少し短めですが仕事をきっちりしている印象です。

番外編

近江高校

佐合

奪三振率 14.5 WHIP 0.69 K/BB 21.0

金城

奪三振率 16.7 WHIP 0.14 K/BB 測定不能

今年の近江投手陣はレベル高いホント。

滋賀県だからって声も聞こえてきそうやけどチームとして

奪三振率 13.11 WHIP 0.75 K/BB 12.75

これ普通にすごい数字ですからね。

甲子園でどこまで通用するかが楽しみです。

ベスト4くらいまで行く可能性はあると思います。

近江高校はこちらでもまとめています。

時間のある方は読んでみてください。

まとめ

今回はデータで見てきたので残念ながら大阪桐蔭の3投手は載せませんでした。大阪予選はレベル高いからなー

ただ、柿木、根尾、横川3投手ともレベル相当高いので甲子園の方が活躍しそう。

今回は10イニング以上で面白そうな選手を探しましたが、データ的に

  • 山梨学院 垣越
  • 木更津  野本・篠木
  • 広陵   河野
  • 近江   佐合・金城

この辺りは大崩れしなそうです。

ぜひ甲子園本番でも注目してみてください!

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です