おすすめの節約方法はこちら

【旦那さんに読んでほしい】妻が妊娠中に切迫早産で入院になった話

こんにちは、ふみです!

少し前ですが2人目を妊娠中の妻が「切迫流産」になりました。

切迫流産を知らなかった私は

「あかん。流産するんや…」

と思いましたが、そうではなく流産する可能性が高い状態を「切迫流産」と呼ぶみたいです。

よかった!と思っていたのですが、もちろん危ない状態には違いなく自宅での絶対安静を医者から告げられます。

自宅での安静中の家事はほぼすべて私が担当し次の検診に向かいましたが、1人目の子のこともあるので完全に安静にはしていられずに入院生活となってしましました。

こうならないために何ができたのか?

そして軽く考えていた入院生活には意外な落とし穴がありました。

 

切迫早産は入院が長すぎる。そして暇すぎる。

入院期間は約2か月

そもそも早産とは、妊娠22~36週までの間に赤ちゃんが生まれてしまうことです。

本来の出産は妊娠37~41週6日の正期産と呼ばれる時期に生まれるのが普通です。しかし、思いがけず赤ちゃんが早く生まれてしまうことがあります。

我が家の場合は自宅安静時は「切迫流産」でしたが、22週を超えたので「切迫早産」に切り替わりました。

この時期に生まれてしまうと体の各器官が未発達なため、早く産まれれば障害が残る可能性があります。

どうやったらなるのか

病院でいくつか原因を教えてもらったところ

原因も色々あって

先生

  1. 妊娠高血圧症候群
  2. 子宮頚管無力症、子宮筋腫などの子宮の病気
  3. 心臓、腎臓、糖尿病などの持病がある
  4. 細菌性膣症からの絨毛羊膜炎
  5. 精神的なストレスや疲労
ママ側の原因としてはこんなとこです

ヨメ

妻は基本健康です。妊婦でよくある妊娠時高血圧症候群とも無縁でした。

ということは

ふみ

先生それは私のせいですか…?

「そんなことないですよ」と言いながら先生の顔は多少泳ぎました。

「いや、先生目が泳いだよ」「これ完全にストレスと疲労のやつやん…」

先生の目線にやられ少し家事とか今まで妻に任せきりだった部分を反省します。

それと同時に「あ。一人の時間は増えるやん」と思いました。

これって治るん?

「先生これって治るんですか?」

「基本的には動くと子宮頚管がどんどん短くなりますので入院して絶対安静です」

そして辛いのが

「シャワーは週に1回でお子さんとの面会もしばらくだめです

2歳の息子はママ大好きです。しかし、子どもは我慢ができないのでママに会うこと自体が禁止です。

妻はこれが一番きつかったみたいで、うっすら涙を浮かべていました。

正直私は妻が入院と聞いた瞬間

「ラッキー!一人の時間増えるやん」と思っていました。

しかし、思った以上に妻が辛い状況になることを考えると、こんなん考えてしまったのを後悔しています。

妻はお腹も張るし、痛いし、点滴の副作用には動悸もあります。

一日中外には出れないのはもちろんのことほとんどベッドから動くこともできません。

1人目を出産後も筋力が落ちたためか腰痛にも悩まされていたのに今からこれでは出産後は1人目の時よりも腰痛も悪くなりそうです。

子どもはママに会えないし、私の仕事の都合上おじいちゃんおばあちゃんの家に泊まることも増えます。

自由だと思っていたのは自分だけで色んな所にも迷惑がかかっちゃうんですよね。

世の中のパパへ言いたいのは

当たり前なんですけど、子どもは2人が育てるものなので子育ては協力しましょう。

うちは共働きではないですが、共働きの家事分担は平均30%という記事もありました。

実際に夫が家事をしている割合の平均を算出すると30%となりましたが、年代別にみると夫の平均家事分担割合は、20代で35%、30代で31%、40代で27%。年代が上がるほど減少していることが分かります。

参考記事:共働き夫婦の家事分担調査(2017年)。夫の家事分担率は平均30%

もっと積極的に家事をしないと奥さんいつかつぶれるよと思うわけです。

年代が上がるにつれて家事をしないお父さんが多いんだなぁ。時代やなあと思ったりもします。

関連記事:

つまり言いたいのは

「妊娠は大変なんだから仕事とかよりも奥さん優先した方がいいよ。ってか優先しよ」ってことです。

「仕事が大変」「家事をやったことがない」「できるけどやらない」

理由つけんとやった方がいいよ。入院した方がお見舞い、子どものこと、周囲との調整、家事。

やること増えすぎて大変になるし、そうならへんためにも絶対入院しないように前もって動いた方が楽ですよ。

今風に言うとコスパいいよ。

お金もかかるし、仕事も休めたらいいんですがうちの会社は無理でした。

もっと家族と密接にかかわれる社会になればいいのに。ここらへんは日本ではまだ無理やろうなー

まとめ

妻が入院するのはあんまりハッピーな結末にならないことが多いです。

やっぱり健康で出産の日を迎えられるのが理想ですよ。

1人目の時は何も思わなかったですが、こういう状況になると余計にちゃんとマタニティライフ送れるのは大事だと思います。

世の中のお父さん。奥さん大事にしていますか?

サポートできることはどんどんしてあげて、僕みたいにコスパの悪いことにならないように楽しくパタニティライフ送ってください。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です