おすすめの節約方法はこちら

ロシアワールドカップ 各国の第1試合を考察

こんにちわ、ふみです!

ロシアワールドカップの各国1試合目を終えたので簡単に振り返っていきます。

初戦を終えての振り返り

ロシアの意外性

グループAは開幕戦で

ロシアーサウジアラビアの一戦が行われ5-0とロシアが圧勝しました。

開催国ということもあり地元の圧倒的な声援を受けてロシアが圧巻のゴールショーを見せました。

点数が入ってるからかもしれませんが、サウジアラビアのマークが緩慢でスペースを与えすぎている印象です。

そこをロシアはうまくついて得点を重ねました。

ウルグアイーエジプトは1-0でウルグアイが勝ちました。

実力差を考えると物足りない印象。なんとか勝ったという印象です。

FWのスアレス、カバーニが後半強引にゴールに向かい始めてから試合が動き出した印象。

まだ初戦ですが二人に依存する体質なのでこの先は苦戦するかもしれません。まあいつもどおりなんですが。

ここは一応予想どおりの2チームが初戦に勝利でした。

今大会のベストバウトに決まりました

そうです。スペインーポルトガルです。結果は3-3でしたが、随所にレベルが高いプレーが散りばめられ全く退屈しない90分でした。

もう最後の最後でサブイボです。「スターは輝くべきときに輝く」とイチロー選手は言っていましたが、まさにその通りの圧巻のプレーでした。

正直あんま走ってないし、全盛期の時よりは物足りなさもあるし、でも温存して決めるべき時に決める。

最後のFKのファウルのもらい方も秀逸でした。

ドローでこんなに良い試合もなかなかありません。

個人的には06年大会のイタリアードイツ以来の名勝負だと思います。

次はこちら

お互いに決め手を欠きましたが最後はオウンゴールで決まりました。アジア勢8年ぶりの勝利です。

このグループはスペインがどう考えても強いので予想通りポルトガルと揃って通過するでしょう。

フランスは突破。デンマークは大会のダークホースに

フランスーオーストラリアは2-1でフランス。しかし苦戦でした。

VAR(ビデオアシスタントレフェリー)やゴールラインテクノロジーといった新技術がでてきました。

フランスは戦力を考えるとシャキッと勝ってほしいとこです。

次はデンマークーペルー

前半は押されていましたが1-0でデンマークが勝ちました。ペルーは…やっちまったな…

結果は苦しみながらも予想どおりにこの2チームが初戦勝利。

アルゼンチンは喝!

アルゼンチンーアイスランドは1-1のドロー

さすがにあかんやろアルゼンチン。

メッシ依存しすぎやし、PKは失敗するし、メッシ自体はそこまで悪くないけどマークが集中しすぎてるし単独では厳しかったですね。ディバラ使えばいいのにと思いつつ観戦。

アイスランドに対してイライラしすぎて冷静さも失っていましたね。

頭冷やして2戦目以降で巻き返しましょう。

クロアチアーナイジェリアは2-0でクロアチア。

安定した試合運びで完勝でした。

このグループはアルゼンチンがミスを犯したのでそれがどう影響するか。決勝トーナメントには行くでしょうが全体の集中力が物足りないです。

ブラジルは連続初戦勝利が9で止まる

ブラジルースイスは1-1のドロー

セルビアーコスタリカは1-0でセルビアが勝利

ケイラ―・ナバスがさすがでしたが、コラロフのFKはすごかったですね。

あとミリンコビッチ=サビッチが特大の才能の片りんを見せていたので次戦以降に期待が持てます。

ドイツは強い?

ドイツ―メキシコは0-1でメキシコが勝利

 

ドイツやらかしましたね。

なんかすべてが少しづつかみ合わずに先制され、さらにかみ合わずに負けてしまった印象。

ですが前回王者で優勝候補がこれではあかんのでです!

スウェーデンが安定していますね。

1-0で韓国に勝ちました。

ドイツ、メキシコが突破予想ですが、ドイツに暗雲。2戦目以降に期待します。

ベルギーがやっぱり強い

ベルギーーパナマは3-0。実力差がありました。

 

タレントは揃っているので安定していましたね。

イングランドーチュニジアは2-1でイングランドが勝利

苦しみましたが勝ち切りましたね。しかし、印象的にはやはりあまり強くないです。

日本によくやった!

グループHは我らが日本がコロンビアに勝利!

日本は空気発言していましたが、コロンビアに歴史的な勝利。南米のチームに初めて勝利しました。

乾選手も出場し滋賀県民としてはうれしい限りです。

ただ、強くないという評価は変わりません。

ポーランドーセネガルは2-0でセネガル。

セネガルは予想以上に守備ブロックがしっかりしており組織的に守っていました。

得点はラッキーなオウンゴールと相手のパスミスから抜け出してのゴールでしたが、随所に身体能力の高さを見せています。

ポーランドはレヴァンドフスキが中盤まで下がったり、フォーメーションを変えながらチャンスを窺いますがセットプレーからの1点を返すのが精一杯でした。

 

1試合目を終えての総括

割と波乱が多い印象ですが、中堅とみられていた国が順当に勝ち進んでいます。

私がダークホースにあげていたデンマークと迷っていたクロアチアがきっちり勝っています。

その他ではスウェーデンも勝ち切りましたので、組織的な守備を強みにしているチームがいい成績を残している印象です。感じかなと

一方で強豪国がピリッとしません。アルゼンチン、ブラジル、ドイツが全然よくないです。

アルゼンチンとドイツの動きに違和感を感じるので、2戦目までにお互いの距離感とラスト30mの意思疎通をやっておいてもらいたいです。

言いたいことはまだありますが、とりあえず日本勝ってよかった!

また2戦目が終われば考察するするかもしれません。

その時はぜひ見てください!

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です