おすすめの節約方法はこちら

野球界は非常識!!ヘッドスライディングが駆け抜けるより速いか考察

こんにちわ、ふみです!

少し古い話題になりますが、立命館大のスポーツ健康科学部の岡本直輝教授らが一塁は駆け抜けるよりヘッドスライディングした方がはやいと発表しました。

打者走者の一塁到達は、ヘッドスライディングより駆け抜けた方が速い-。野球界で定説とされる考え方を覆す研究結果を、立命館大スポーツ健康科学部の岡本直輝教授らが学会で発表した。立命大野球部員を対象に動作分析を行い、ヘッドスライディングする方が速いという結論を導き出した。「パフォーマンスを高めるだけなら器械体操の飛び込み前転のようなトレーニングをするのが効果的」と語る。
一昨年、岡本教授が立命大の野球部員ら選手57人と京都・滋賀の高校野球指導者24人にアンケート調査を行ったところ、選手の80%、指導者の85%と大半が駆け抜けた方が速いと答えた。ヘッドスライディングは大けがにつながるリスクもあり、「駆け抜け」を優先して指導するケースが多い。
岡本教授とゼミ生の4年山岡涼也さん(22)は昨年6月から、高校、大学時代にヘッドスライディングを経験したことがある立命大準硬式野球部の部員15人を対象に調査。本塁から一塁までを走り、トップスピードになる一塁の7メートル手前から、ベースに触れるまでのタイムを光電管装置と240分の1秒まで撮影できるハイスピードカメラで測定した。
1人3回の平均値を比べた結果、ヘッドスライディングの方が速かった選手は12人、駆け抜けた方が速かったのは3人だけだった。統計全体でもヘッドスライディングの方が0・04秒ほど早く、距離に換算して30~40センチの差になるという。またスライディング動作を解析すると、ヘッドスライディングする方が速い選手ほど、手を着く場所がベースに近く、踏み切りの足よりも頭が大きく前に出る傾向が分かった。
一塁へのヘッドスライディングは、塁審へのアピールや味方の士気向上など非科学的な面で利点を語られることが多かったが、技術があれば有利になることが一定裏付けられた。
3月上旬の京都滋賀体育学会で公表した岡本教授は「けがのリスクとは別に、高校野球では(無意識に)ヘッドスライディングをしてしまう選手がいる。指導者はそのための準備をしておくことも必要では」と新たなトレーニングの導入に言及する。

一塁到達、頭からの方が速い 立命大分析、野球の定説覆す : 京都新聞

私は長年メジャーリーグを見てきましたが、多くの選手がヘッドスライディングしまくっています。

中でも気になるのが日本と違い、一塁へはヘッドスライディングをせずに二塁、三塁、ホームにヘッドスライディングをしていることです。

この結果を自分なりに検証していきます。

ヘッドスライディングは駆け抜けるより確実に速い?

タイムが証明している

上記の結果にもあるように平均で30cmも到達が速くなりました。

しかし、アメリカでは2014年頃にESPNというスポーツチャンネルが駆け抜けるほうが0.01秒速いと発表。

昨日スーパーキャッチをしたビリー・ハミルトンも駆け抜けた方が速いと答えておりどっちが速いねん状態ですが、個人的にはヘッドスライディングの方が速いと考えています。

ビリーハミルトンのスーパーキャッチはこちら

6/18 本日のメジャーリーグ

あとはショットガンタッチですね。

思いっきり飛び込んでるやん。絶対こっちの方が速いやん。って少年野球の監督だった父に言ってたのをよくおぼえてます。

こうやって動画で検証されていたらどちらが速いかは明白です。今は自分で色んな情報を取ってこれるので指導者も大変です。

ヘッドスライディングは危険

どちらが速いかは個人差がありそうですが、動画を見ている限りうまくできる選手は積極的に取り入れた方がよさそうです。

しかし、リスクとしてケガが付いて回ります。

実際に大谷選手とチームメイトのトラウト選手が昨年二塁にヘッドスライディングをした際に左手親指の靭帯を損傷して1か月半欠場する事態になりました。

トラウト選手は指でしたが、他にも野手と接触するリスクも考えられるのでヘッドスライディングは危険なプレーであるとは言えます。

上の動画の中で桑田さんがヘッドスライディングを禁止しようと言っているにもわけがあります。

高校時代の1学年先輩の清水哲さんが2塁へ盗塁した際にヘッドスライディングをしましたが、野手と接触し首の骨を骨折し今でも寝たきりなのです。

このようにヘッドスライディングの一番のリスクはケガです。

自己責任の範囲なので禁止にはできないでしょうが、中学生までは禁止にするとか、年齢制限はあってもいいかもしれません

なぜヘッドスライディングをするのか?

私がずっと気になっていることのひとつにメジャーリーガーは一塁へのヘッドスライディングよりも他の塁へのヘッドスライディングが多い」ということも考えなければなりません。

一塁はボールを踏めばアウトになりますが、他の塁はシチュエーション次第ですがタッチプレーになります。

彼らは早く到達する以上にタッチをかいくぐるためにヘッドスライディングをしているのではないか。

足でいくよりも手の方が操作しやすいのでかいくぐりやすくなるのは事実だと思います。

さらにホームはキャッチャーがブロックできない「コリジョンルール」ができていますので、送球がそれた時には安全性も確保されたうえでヘッドスライディングの方がセーフになる確率は高いかもしれません。

 

それに付け加えて試合でプレーしているとわかるのですが、ヘッドスライディングは普通のスライディングよりもチーム全体が盛り上がります

たとえアウトになってもプレーに気迫が見られるのでそれを見た選手の士気が上がる。

ですから場面は制限した方がいいかもしれません。

効果的なシチュエーション

  • ・試合の終盤で点差が競っているとき
  • ・トーナメントで負けられない状況のとき
  • ・送球がそれてタッチをかいくぐりたいとき
  • ・気迫をみせてチームを盛り上げたいとき

このへんがあげられると思います。

いずれにせよケガのリスクがあるので、シチュエーションはケガのリスクを冒してもいかなければならない時に限定する必要があります。

プロ野球選手はそれで給料をもらっていますが、アマチュアの場合はそうではないので大事な大会以外ではあまりやる意味はないかもしれません

ただ、気持ちが乗っている選手に対してヘッドスライディングをやめろとは言ってもやめない選手もいるかと思います。

まとめ

ここまで見てきた中でヘッドスライディングは

  1. 駆け抜けるより速い選手は確実にいる
  2. タッチはよけやすい
  3. チームが盛り上がる

このようなメリットが考えられる反面ケガのリスクもともないます。

しかし、ヘッドスライディングの方が駆け抜けるより速い選手も確実にいるうえに、選手自身がシチュエーションを考え、送球の方向を考慮し実施すればケガのリスクも減らせるのではないかと考えます。

やみくもに禁止していては良い選手は育ちません

選手側も危険なプレーになる可能性があることはわかったうえでプレーしています。

しかし、正しいシチュエーションを考えて、実施できる頭のいい選手はこれからの野球界には必要です。

当ブログでは野球IQの高い選手になるためにヘッドスライディングをすることは必要だと結論付けます。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です