おすすめの節約方法はこちら

比較 コスパで選ぶなら買うか賃貸どちらがお得?

こんにちわ、ふみです!

あなたはお住まいを買いましましたか?それとも賃貸ですか?

私は悩みに悩んだ末に2年前に一戸建てを買いました。

でも家を買うか賃貸にするかって永遠のテーマですよね。

そこで今回は家を買うか賃貸にするかお得な方法を紹介します。

出口戦略で考えると

新築のコスト計算

今回のデータはすべて30歳で家を建てたor賃貸に住み始めたとして計算します。

まずは新築物件を購入する場合ですが、全国平均で

住宅のみ   約3300万円

土地+住宅  約3950万円となっています。

頭金の平均が住宅のみ680万、土地+住宅で460万円となっています。

これに住宅ローンが加わるので総額では

土地あり 2620万円×35年×2%=3640万円

土地なし 3490万円×35年×2%=4850万円(35年ローン2%で計算)

ザクッと計算すると家を建てるときにはこれぐらいのお金が必要になります。

(参照:2016年度フラット35利用者調査)

土地がある人はいいですが、土地から買う人が多いと思いますのでけっこうな金額になっています。

家を買ったらその後はそれでおしまいではなく固定資産税メンテナンス費用がかかってきます。

固定資産税の計算方法は建築地や家の大きさによって変わります。複雑なのでここではお伝えしませんが、だいたい上記の金額で新築した場合平均で13~15万はかかります。

それに加えて家は外壁や屋根などが経年劣化により傷んでいきますのでその補修費が10~15年でかかります。

外壁の塗装は平均で150~200万円かかるので10万円/年は貯めておかないといけません。

ですから月2万円ほどは住宅ローン以外にお金がかかります。

これはマンションでも同じで修繕費として毎月徴収されます。

家を買うだけで住宅ローン以外にもけっこうお金はかかってきます。

  • 必見!家の維持費を安くする方法

賃貸のコストは?

賃貸のメリットは生活のステージに合わせて家を変えられることです。

新築の場合は子どもがいる時もいない時も家の大きさを変えられません。独立し2人になったときは家が大きすぎるのでオーバースペックになります。

賃貸は子どもが小さいとき→子どもが独立するまで→子どもが独立してからとステージごとに家を変えることで家賃の無駄をなくせます。

さらに賃貸であればもし転勤になっても家をどうするか考えずに済むので精神的にも楽です。

家賃をトータルで考えると

子どもが小さいとき10年→子どもが独立するまで15年→子どもが独立してから25年で計算すると

子どもが小さいとき家賃(共益費込)10万円×10年=1200万円

子どもが独立するまで       12万円×15年=2160万円

子どもが独立してから        8万円×25年=2400万円

これにさらに更新費や引っ越し費がかかるので300万円ほど追加すると

合計で6060万円ほどかかります。

80歳までにかかる住居費として計算しましたが、けっこうかかります

ただ費用の面だけではなく、修繕の心配であったり隣人とトラブルになればすぐに引っ越せる身軽さは賃貸の大きなメリットです。

自分とパートナーの価値観でそこは選べばいいと思います。

家を買うメリットとデメリットは?

いろいろありますが、

  • 満足感と安心感
  • 間取りの変更しやすさ
  • 万が一の時の団体信用生命保険
  • 国からの補助、減税が受けられる

このあたりがあげられます。

まず、家を建てるというのは足感がすごくあります

社会的にも信頼されているような気分になりますのでこれから一層がんばろうという気持ちになります。

間取りの変更しやすさは子どもが独立した後などに自由に間取りを変更して家の使い勝手を良くできるというメリットがあります。

万が一の団体信用生命保険は住宅ローンを支払っている方が万が一亡くなってしまった場合に住宅ローンの支払いをしなくてもよくなるという生命保険で原則加入が必要です。

万が一があっては困りますが、この保険に加入していると生命保険の死亡時の受取金額を減らすことができるので保険の見直しをして月々の保険料を数千円下げることができます。

住宅ローンを組むと最初の10年間毎年1%の住宅ローン減税を受けることができます。

1%ですが住宅ローンの1%なのでけっこうな額になります。

住宅ローンの制度などはこちらをどうぞ

  • 住宅が買いやすくなる!住宅ローン減税を解説
  • ここ

次はデメリット

  • 家を購入する費用が高い
  • ライフスタイルに合わせて簡単に住み替えできない

このへんがあげられます。

まず購入費用ですが上記したとおりかなりの金額がかかります。

住宅ローンを組むことが前提の方がほとんどなので無理な金額の家を建てると破たんするリスクもあります。

ライフスタイルに合わせて住み替えができないのは、子どもがいる場合はいいのですが独立するとスペースが余ります。

それに初期費用が高くなるうえに固定資産税や住宅ローンの金利も大きくなるというデメリットにもつながります。

住み替えたいときには家の価値も低くなり希望する金額がもらえなくなる…

失敗しやすいところなのでよく話し合ってください!

賃貸のメリットデメリットは?

まずメリットですが

  • 気軽に引っ越しできる
  • 収入に応じて家賃をコントロールできる
  • 住宅ローンの破たんリスクがない
  • 管理が楽

一番のメリットは気軽に引っ越しできるので住みたい場所があればサクッと移住もできるし、隣人とのトラブルがあっても引っ越しで対処できることがあげられます。

今の社会情勢は先行きが読めませんが、あまりよくなるとは考えづらいので収入が減った場合にも家賃の安い物件に引っ越しすれば難を逃れることができます

住宅ローンを組まないことによって破たんリスクを抱えなくて済みます。

日本はインフレ傾向なのでいつ金利が上がるかわからないので住宅ローンを組まないこともメリットに感じる方もおられると思います。

あとは管理。持ち家は自己責任の部分が多いですが、賃貸はほとんどお任せなので楽ちんです家の備品をそこまで買い揃える必要もないのでコストも安く抑えられます

デメリットは

  • 基本的には改築ができない
  • 家賃を払い続けるうえに自分の物にはならない
  • 家賃によって住宅性能がピンキリ

改築ができなかったり壁に穴ができないので改築はもちろん大がかりなDIYもできません。そして傷つけたら引っ越す時に余計なお金がかかるので気が休まらなりません。

そして家賃は払い続けても自分のものにならず、持ち家と違い住居費が無くなるごとがありません。

年金暮らしになって住居費を払う事を考えると、現役時代に多めに貯金する必要もあります。

そして家賃が安ければ住宅性能が低かったり駅から遠かったりそれなりの理由が付きます。安かろう悪かろうにならないように注意しなければなりません。

どっちがお得?

メリットがそれぞれにあるので家族が話し合って納得できる方にすればいいです。いずれにしても住居費が収入の30%を超えると危険水域なのでそれまでに収めないといけません。

一生賃貸の場合は老後資金も貯金しておかないと路頭に迷います。

まだ先のことはわかりませんが、人口減少により住居はこれから余っていくのが目に見えています。

そうなると空き家の管理をする側からしたら安くでも貸したい。または売りたいという考えが働くので今後住居費は下がっていくかもしれません。

私の場合は今後住居が余っていくのは目に見えているので「子どもに家を引き継いでもらえる」ように耐震や構造にこだわり長く住めて「最終のコスパが良くなる家」を目指して建築会社を選びました。

最初にお金をかけておくことで構造・高気密・高断熱な家を買うことができ、電気代や水道代が安くなってランニングコスト(維持費)の安い家になりました。

考え方は人それぞれですが、我が家は夫婦でしっかりと話し合って決めたので今の家には満足しています。

まとめ

本日は家を買うか賃貸か比較してきましたが、大事なのは家族によって答えが違うことです。

家族でしっかりと話し合って楽しい家づくりをしてください

これから家づくりをするという方や家づくりの流れが知りたいという方は下記の記事を参考にしてみてください。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

効率的な資料請求と会社選びが楽して楽しい家づくりのポイントです。

どちらもプラン作成から見積もりまでを無料でしてくれますので安心して資料請求してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です