おすすめの節約方法はこちら

2018 ワールドカップを予想する

こんにちわ、ふみです!

本日深夜から2018 ロシアワールドカップが開催されます。

ワールドカップの前日にのスペイン代表監督解任が発表され、代役には元スペイン代表キャプテンも務めたイエロ氏が就任するというドタバタ劇がありましたが、その影響がどう出るのか注目が集まります。

我らが日本代表もパフォーマンスが上がらないので、少しテンションの上がらないワールドカップですが予想をしていきたいと思います。

優勝は?

先に優勝予想ですがブラジルです。決勝戦は4年前に準決勝で歴史的敗退を喫したドイツ。1-7で敗れた前回大会のリベンジを果たすと予想します。

得点王はドイツのミュラー。何がすごいのかよくわからないけど、いつも大事な時にゴール前にいて得点を決める。そんな選手です。

前回、前々回のワールドカップでも5得点をあげているので、歴代得点記録の更新も期待されます。

大会で一番活躍した21歳以下の選手に贈られる「ベストヤングプレーヤー」はフランスのエムバぺ

速くて両足ともうまくて得点感覚に優れている19歳とは思えない選手です。

今のメッシ選手のように「一緒の時代に生まれてよかった」と思えるような選手になる可能性があります。

では各グループリーグを見ていきます。

グループA

 ウルグアイは固い

グループAは

  • ウルグアイ
  • ロシア
  • エジプト
  • サウジアラビア

ウルグアイは世界でも最高峰のFWスアレスとカバーニを擁しオフェンスが特徴的なチーム。MFより後ろは少々心もとないですが、GL突破は固いと見ます。

ロシアはメンバー的に小粒。世代交代がうまくいってない印象で、開催国枠がなければ予選を突破できたか微妙なレベル。ただし、サポーターからの声援はプラスになるのでぎりぎりGL通過とみます。

エジプトはFWサラーが大会でセンセーショナルな活躍をするとみていましたが、5月末のチャンピオンズリーグ決勝でケガをした影響でトップコンディションには持ってこれないと思うので、GL敗退

サウジアラビアはうまくいけば突破できるかもレベル。GL敗退とみます。

ウルグアイ以外の3チームはどこがGLを通過してもおかしくないのですが、開催国のGL突破率は高いのでここは素直にウルグアイロシアが突破と予想します。

決勝トーナメント進出→ウルグアイ・ロシア

グル―プB

スペイン、ポルトガルが順当GL突破

グループBは

  • スペイン
  • ポルトガル
  • モロッコ
  • イラン

スペインは冒頭お話ししたように監督の開催前日に監督の解任劇がありましたが、戦力が違うので問題なくGLは突破とみます。

監督の解任が逆にチームの結束を促せばいいのですが、そんなに甘くはないと思うので決勝トーナメントは不透明。イニエスタ選手がおそらく最後のワールドカップになるので頑張ってもらいたいです。

ポルトガルも問題なくGLは突破。良くも悪くもCロナウド次第のチームですが、このエースを生かすべく若手FWアンドレ・シウバが育ってきているのも好印象です。

モロッコ・イランは残念ですがくじ運が悪い。GLで敗退とみます。

問題なくスペインポルトガルの2強がGL突破でしょうが何が起こるかわからないのがワールドカップ。どちらか落ちるとしたらスペインでしょう。

決勝トーナメント進出→スペイン・ポルトガル

グループC

フランスは突破。デンマークは大会のダークホースに

グループCは

  • フランス
  • デンマーク
  • ペルー
  • オーストラリア

フランスは大会優勝候補。GLはなかなかクセの強い相手になりますが、地力の違いで突破すると予想。

デンマークは隠れた好チームです。秩序だった守備と攻撃は完成度では大会屈指のレベル。優勝するにはタレント不足ですが、大会のダークホースになるのはこのチームと予想します。

ペルーはDFラインのスピード不足でフランス、デンマークの攻撃には手を焼きそう。オフェンス陣も際立った存在はいないのでGL敗退と予想。

オーストラリアがGL突破できるかは監督のファン・マルバイクの手腕がすべて。サウジアラビアを本大会出場に導いた後退任しているが、オーストラリアの監督に就任。

ただ、タレントの質が以前より高くないのと監督就任から間もないのでGLで敗退とみます。

このグループはフランスデンマークが順当に通過するとみます。フランスには注目の若手FWエムバぺを含め中盤から前はタレントぞろいです。

戦術完成度の高いデンマークは大会のダークホースになる(願望込)と予想しているのでこの2チームがGL突破とします。

決勝トーナメント進出→フランス・デンマーク

グループD

メッシは活躍できるのか

グループDは

  • アルゼンチン
  • クロアチア
  • アイスランド
  • ナイジェリア

アルゼンチンは順当に突破。ただ優勝するには力不足。バルセロナでは無敵のメッシも代表では微妙。さらにFWのアグエロも南米予選で無得点と代表ではどうも活躍できない。

GL敗退はないでしょうがその先もベスト8止まりと予想。

クロアチアは前線にタレントを擁し、レアル・マドリードでチャンピオンズリーグ3連覇を達成したMFモドリッチがチームの核。

タレント豊富な攻撃陣をうまく生かせば、デンマーク同様ダークホースになる可能性はあるが、組織力の差でいけてもベスト8までとみます。

アイスランド初出場おめでとうございます!このチームの見どころは魂のディフェンス。守って守ってカウンター!セットプレー!「凡事徹底」本大会でもこれを貫いてください。

ナイジェリアは従来の身体能力を守備の局面で発揮している印象。少ないチャンスをいかせるかどうかがGL突破のカギ。

このグループは隠れた好チームがそろっている印象。アルゼンチンに対してどこも守りを固めると思いますが、その戦術がはまれば、アイスランドのセットプレー、ナイジェリアのカウンターが生きてくる。

それでも経験値の差でアルゼンチン、クロアチアが突破とみます。

決勝トーナメント進出→アルゼンチン・クロアチア

グループE

ネイマールのコンディションは?

グループEは

  • ブラジル
  • スイス
  • セルビア
  • コスタリカ

ブラジルはケガ明けのネイマールのコンディション次第。

ですが所属のパリサンジェルマンで出場をせずにブラジル本国でワールドカップに向けたリハビリ(サボり疑惑あり)を続けたのでコンディションは最高でしょう。

そもそも戦力が厚みがあるのでコケるとは考えにくいので順当にGL突破。

スイスの攻撃力は定評がありなかなかのレベル。不意な失点に気を付ければブラジルに次いで2位で通過するとみます。

セルビアは組織力が微妙。

コスタリカは4年前に大活躍したGKケイラ―・ナバスが守護神に君臨。神がかった前回大会の再現ができればGL突破は見えますが、攻撃陣が…

このグループは順当にブラジルスイスもなんとか突破とみます。

決勝トーナメント進出→ブラジル・スイス

グループF

ドイツは強い

グループFは

  • ドイツ
  • スウェーデン
  • メキシコ
  • 韓国

ドイツは前回大会優勝チーム。組織だった守備力に多彩な攻撃陣。

そしてなによりワールドカップ、ユーロを含め4大会連続でベスト4以上の勝者のメンタリティー。GLで敗退はほぼないとみます

スウェーデンは肉体派なのに組織力も織り交ぜたディフェンスが強み。カウンターの機会を窺ってゴールにつなげられるかがカギ。

メキシコは伝統のパスワークを今回でも披露できるかがポイント。攻撃陣にいいタレントは揃っている。

韓国は空気でしょう。アジア№1プレイヤーのソン・フンミンのプレーに期待しています。

このグループはドイツ以外の取捨。スウェーデンのディフェンスかメキシコのパスワークか。

ここは迷いますが見ていて面白いメキシコのパスワーク。韓国はレベル的に厳しい。

決勝トーナメント進出→ドイツ・メキシコ

グループG

ベルギーがやっぱり強い

グループGは

  • ベルギー
  • イングランド
  • チュニジア
  • パナマ

ベルギーは隠れた実力国と言われてはや何年。アザール、デ・ブルイネ、ルカクとタレントは揃っているのでGLは問題なく突破。

主力の年齢を考えると優勝するならこのワールドカップがチャンス。本気で取りにいくでしょう。ただ、オフェンスに重心が偏りすぎなとこがあるので、いけてもベスト4か。

イングランドはエースのFWケイン次第。ただ強くないでしょう。GLは突破します。

チュニジアは力不足。

パナマは空気でしょう。カウンターがはまれば前回大会のコスタリカみたいな躍進も…ないか。

ここは2強が順当。ただイングランドは決勝トーナメント以降は厳しいでしょう。

決勝トーナメント進出→ベルギー・イングランド

グループH

日本に頑張ってほしいけど・・・

グループHは

  • 日本
  • コロンビア
  • ポーランド
  • セネガル

日本も空気でしょう。力が足りません。同じ滋賀県民の乾選手を応援しています。

コロンビアは前回大会同様の組織だった攻撃サッカーが強み。大黒柱のハメス・ロドリゲスのコンディション次第でセンセーションを今大会も起こせるか。

ポーランドは地味に強い。対人のディフェンスに優れ、チャンスはFWレバンドフスキー頼みのシンプルな作戦がわかりやすくて遂行しやすいので大崩れはしない。

セネガルは身体能力を生かしてスピードに乗ったオフェンスで相手守備陣を崩せるかがカギ。

コロンビアは当確。セネガルのスピードがポーランドにはまるかどうかがカギ。日本は空気。

ここはコロンビアと地味に強いポーランドを突破とみます。

決勝トーナメント進出→コロンビア・ポーランド

戦力の差がくっきりと

以上みてきましたが、個人的には固い予想です。

今回はヨーロッパで開催される大会で気候的にもきついコンディションにはなりません。順当に強豪国が上がってくるでしょう。

ただ、ダークホースがいないと面白くないのでアイスランドやコスタリカが2大会連続で躍進したら予想は抜きに面白いなとは思います。

しかし、過去のデータからもヨーロッパ開催のワールドカップは波乱があまりないのでこんな感じかなと

GL突破

  • ウルグアイ
  • ロシア
  • スペイン
  • ポルトガル
  • フランス
  • デンマーク
  • アルゼンチン
  • クロアチア
  • ブラジル
  • スイス
  • ドイツ
  • メキシコ
  • ベルギー
  • イングランド
  • コロンビア
  • ポーランド

以上のチームのGL突破をまずは予想。

決勝トーナメントの予想はGL終わり次第やります。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です