おすすめの節約方法はこちら

6/14のMLBスーパープレー

こんばんわ、ふみです!

6/14日のMLBの個人的ハイライトを紹介します!

まずはナショナルズ期待のルーキー19歳のホアン・ソトが史上5番目の若さで1試合2HRを達成しました!

https://twitter.com/MLB/status/1007061254769344517?s=19

10代での1試合2本は1996年の元楽天イーグルスのアンドリュー・ジョーンズ以来5人目となりました!

ソトは16歳の時にナショナルズと球団記録の150万ドルで契約しました。マイナー全体の有望株ランキングで13位のソトは、今シーズンのマイナーでもOPS1.218と圧倒的な成績を残しメジャーの舞台に駆け上がってきました。メジャーリーグは甘くはないですが、これからの活躍が期待されています。

次はレンジャースのベルトレー

View this post on Instagram

We could watch Beltre barehand it forever. 🙌

A post shared by #Glovework (@glovework) on

メジャーリーグではおなじみのベルトレーのベアハンド(素手)キャッチ。39歳のベテランとは思えない動きです。

次もベルトレー

マエケンから打ったツーベースで通算安打数を3090とし、歴代21位に。イチロー選手の記録を追い越し、アメリカ以外の出身選手ではトップとなる記念すべき一打になりました。

次は珍しく(失礼)絶好調のシアトル・マリナーズから。まずはこのプレー

9回の大事な場面でレーザービームが発動。タッチもドンピシャです。

その裏先ほど守備で好プレーのRFハニガーがこの一撃

マリナーズは今年メジャーで1番1点差ゲームに勝っているチームです。

この試合も4-2でエンゼルスとの接戦を制しています。

MLBの用語集はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です