おすすめの節約方法はこちら

【がんばらない節約術】簡単に固定費を下げるコツを紹介します。

こんにちわ、ふみです!

先日我が家がアルファードを買えた理由についてお話しましたが、日々の支払いが始まると家計を圧迫します。

せっかく車を買ったのに支払いのために精神的に疲れるのは嫌なので、車を買う前から固定費をあらかじめ下げていました。

固定費を下げた理由としては

  1. 大きな金額を節約できて効果が高い
  2. 最初に頑張ればずっと楽
  3. 心が消耗しない

節約と聞くと光熱費とか食費を考えがちですが、常に節約を意識しないといけないのでストレスになりがちです。

せっかくなら楽しく生活したいので、最初だけちょっと頑張ったら後は楽チンの

がんばらない節約術で固定費を下げました。

この記事を書いている私は、3年前から友人向けに家計の見直しコンサルをしています。

無理なく、手間なく、ストレスなくをモットーに家計の見直しをしていて、みなさん毎月の貯金額が2万円以上増えていますので、参考になれば幸いです。

車はアルファードに乗っております。

関連記事:アルファードを年収関係なく買えるたった1つの理由(1)全3回

固定費は見直すことによって大きな節約になりますので、実践していたことや気をつけているポイントをまとめて紹介したいと思います。

まずは節約できるところを見つける

固定費とは毎月かかるお金で、住居費や保険代が代表的です。

固定費の節約で即効性があって効果が高いのは

  • 通信費(スマホ代)
  • 保険代
  • 住居費(住宅ローン含む)
  • 車両費
  • 月額コンテンツ
  • 電気・ガス代(プロパン)

私は最初にこの辺を徹底的に見直し、いらないところは節約していきました。

合計で7万円近くは節約できているので、順番に見ていきます。

スマホ代は格安SIMに乗り換えて節約

私は4年前にソフトバンクから格安SIMのIIJmioに乗り換えて格安SIMデビューしました。

結論ですが、全員乗り換えた方がいいと思います。

もう圧倒的に通信費が安くなって生活が楽になります。

どれくらい安くなるのか

私の場合は妻と乗り換えたんですが、iPhoneを使っていて月に2万円くらいスマホ代にかかっていたのが、2人で月4000円くらいになりました。

年間で19万2000円の削減です。

乗り換える前は

「ホンマに電話とかネット繋がんのかな」

「解約手数料とかもったいないな」

「うまいことMNP(乗り換え)の手続きできるかな」

とか不安だらけでしたが、乗り換え後の不満は何もなく、早いこと乗り換えへんかった自分に不満タラタラでした。

それぐらい即効性があって節約効果が大きいのが格安SIMへの乗り換えです。

解約手数料が気になってましたけど、手数料を払ってでも乗り換えてよかったです。

安くなる秘密

なぜこれだけ安いかというと、格安SIMの運営会社はドコモ、au、ソフトバンクという大手キャリアが整備したアンテナをレンタルしてもらってます。

すると大手の電波を使えるのに

工事代がかかっていない→その分費用が浮く→安くなる

という仕組みです。

使用感はどうかというと、大手の電波を使っているので問題なく使えます。

通信速度が遅くなる場合もありますが、ほとんど気にならないレベルです。

オススメは?

今まで妻と合わせて6社使いましたが、UQモバイルとY!mobile以外はどこもあまり差はありませんのでオプションで選べばいいです。

私のオススメは BIGLOBEモバイルです。

特にエンタメフリーというオプションが500円くらいでつけられるんですが、人気コンテンツのYouTubeやSpotifyが使い放題になります。

このオプションがあれば、ほぼパケ死しなくなります。というか乗り換えてから1回も通信制限になっていません。

キャンペーンも大々的にやっていてキャッシュバックも大きいのが魅力ですね。YouTubeをよく見る人や音楽を聴く人には特にオススメです。

あとは LINEモバイルもおすすめですね。

ここもキャッシュバックがあるのと、LINEやツイッターの通信がカウントされないプランがあるのでお得に使える人が多いはずです。

不安だから店舗で手続きしたい方は 【UQモバイル】 がオススメです。

UQモバイルとY!mobileは店舗が多くスタッフがいるので乗り換えがすごく楽です。

料金は少し高いですが、それでもキャリアよりも大幅に節約できるので全く問題ないです。

UQモバイルとY!mobileではわずかですが、UQモバイルの通信が速い印象です。

そこまで大差はないのですが、キャリアを長年使っている人には通信が遅く感じることもあるのでストレスなく使えるのは魅力的です。

ただ、2年目からは少し高いのでそこは店舗の維持費で仕方ないと考えてください。


保険の見直し

 

次は保険代です。保険ってなんとなく入っていませんか?

就職している人なら新卒の時に会社に保険の営業の方がやってきて、少し説明を聞いてよくわからんけど入ったりしてませんか?

そんなあなた!いいお客さんすぎますよ!すぐにでも見直しした方がいいですよ。

保険の料金体系

多くの場合は終身の生命保険のプランに入る場合が多いですが、そうすると死亡保障がついてだいたい1万円/月。

さらに貯蓄も兼ねて入れるものもあると営業されると2万円/月。

年金もこれからなくなりますよと営業されると3万/月…

このように保険の営業の方にかかると契約額は雪だるま式に増えていきます。

ですが、実際にはそこまで入る必要は無いです。最低限度のお葬式代、お墓代くらいが出れば、あとは残った遺族に迷惑がかかることもありません。

子どもがいるなら遺族年金がかなりもらえます

旦那に死なれたら困るからやっぱり保険は…という気持ちもわからなくはありません。

しかし、年金を払っていれば日本には公的遺族年金という制度があります。

万が一旦那様がなくなられた場合にも国から遺族年金としてお金が貰える場合があります。

このように日本は非常に手厚い社会保障を行っている国ですので、最低限の保証はしてくれます。

ですから私は生命保険は必要最低限に抑えてその費用を他で使うことをオススメします。

公的年金の制度についてはこちらをご覧になってください。

知らないと損をする?社会保険の仕組みをザックリ解説。

生命保険をやめたら節約できる話。

住居費の節約

住居も安くしようとするなら一番は引っ越しをすることです。

ただ、なかなか引っ越しするとなると勇気がいると思いますので光熱費の節約を考えましょう。

電気代の見直し

この場合の電気代は

電気をこまめに消すとかではなく固定費の見直しをします。具体的には電力会社を見直すことによって、電気代を見直します。

よくあるのは住んでいる地域の電力会社から電気を買うパターンなんですけど、実は電力会社は変更することができます。

変更は【電気チョイス】がおすすめです。電話での対応になりますが、とにかくオペレーターの方の対応が丁寧です。



電話は嫌だメールで見積もりしたいという方は定番のインズウェブがおすすめです。

2分ほどで入力が終わります。無料なので試しにどうぞ。

電気料金一括比較|電気代を賢く節約-でんきの比較インズウェブ

 

ガスも自由化で見直せるようになりました

ガス自由化は2017年4月に始まった新しいサービスで、都市ガスがどこの会社でも契約できるようになりました。

以前からLPガスは自由化されていたんですが、都市ガスは大きな変化ですね。

ここも固定費の見直しは比較サイトを使います。

都市ガスは→レモンガス

LPガス→【ガス屋の窓口】

こちらがサイトがわかりやすいのでおすすめです。

昔ガス屋さんは値段を変更後にもこそっと上げる業者もけっこういたみたいです。

ガス屋の窓口は中堅から大手のみを紹介して

トラブルが起きないようにしています。

さらに永久監視保証をつけていますので変更後も安心です。

都市ガスでもLPでも安くなることが多いので試しにやってみてください。

もちろん比較するのは無料ですし、その後の工事費用無料、面倒な手続きはガス屋の窓口がやってくれます。

レモンガスはこちらです。


 

ガス屋の窓口はこちらです。

車って必要ですか

車って必要だと思っているだけで意外と使わなかったりもします。でも維持費が高い。

細かく分析してみると使いたいときだけ使う方がコスパが良いケースはけっこうあります。

じゃあ何をすればいいか?

それは

  • 乗っていない時に車を貸す
  • 自動車保険を見直す
  • タクシーに乗る
  • 車検を見直す

こちらが有効です。

通勤以外は意外となくても済む

ちゃんと計算していくと車ってかなりの金食い虫です。

 

とはいえ通勤と趣味で必ず必要な方以外は、タクシーの方がよかったりもします。

遠出はカーシェアを使い、日常の買い物とかはタクシーを呼ぶのもお子さんが小さくなければありです。

年間で車の維持費は40~50万円ほどかかる家庭が多いですが、タクシーなら初乗りで1000回も乗れます

人によっては年間の車両費を半額以下にすることも可能ですよ。

1度よく考えてみてください。私もめちゃくちゃ考えて実践してみたら経済的にすごく楽になりました。

年間50万円も節約できた車の維持費を安くする方法

車の維持費を下げる方法をわかりやすく解説します。

月額コンテンツの整理

月額コンテンツ(サブスクリプション)が大流行していますね。

私がしているのは

  • アマゾンプライム  400円/月
  • DAZN     1980円/月
  • Spotify       980円/月
  • 楽天マガジン    380円/月

 

月額3000円ほど(DAZNとSpotifyはセットのキャンペーン)使っています。

しかし、自分の生活で必要なものだけを取り入れたらいいんですが、安いし色々と入ってしまいがちです。

友人は月額1万円ほど入っていましたが、活用しきれてないので無駄やといっています。

安いし入る→積み重なって大きな額になる→解約めんどくさい→めっちゃ無駄

こんな流れの人も多いかと思います。

安いからこそ浪費になりやすい

使わないものは浪費です。

自分に必要なものは入ればいいし、しばらく使っていらないものはやめる。

もうかなり前ガラケーの時代ですが、music.jpという着うたのサイトが流行っていました。

スマホに変わっていく中で廃れていきましたが、着うたを配信していた人の中にはまだ1か月で数十万円稼ぐ人もいるみたいです…

解約忘れですね。

月額コンテンツってそれぐらい少額だから解約がめんどくさいんですね。

いらないものは解約しましょう。

ただ、浪費って楽しいですよね。

これがないと人生がつまらんのもまた事実です。

まとめ

固定費の見直しを見てきましたが、最初にも言ったように1回やったら後は頑張らなくても効果が続くことです。

最初は少しめんどくさいですが、やってしまえば後からすごく楽になります。

少しずつやれるところから始めていきましょう。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です